カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自閉症 >
  4. その他 >
  5. 成長の遅れとは違う?幼児の自閉症独特の行動とは?!

メンタル

成長の遅れとは違う?幼児の自閉症独特の行動とは?!

自閉症は、脳の障害の病気の一つです。
自閉症の主な症状は3歳までに現れることが多いようです。

それは、言葉や社会性(人間関係)の発達が著しいので症状が分かり易いということです。

ただし、幼児は人それぞれ発達のスピードが違います。

そのため成長の遅い子供に対して、『病気ではないだろうか』という不安をもつ親が多い時期でもあります。


成長のスピードの遅れとは違う、自閉症独特の症状をご紹介します。

 

1.周囲との交流が上手くできない

 

・相手の気持ちを理解できない(苦手)
・親でも抱き上げられるのを嫌がる
・目が合わない
・症状が乏しい、笑わない
・友達が作れない

 

2.言語発達が遅い

 

・言葉の数が乏しい
・言葉を発さない
・意味の分からない言葉を使う
・オウム返し(相手の言葉を繰り返す)
・ジェスチャーや表情でのコミュニケーションも苦手

 

3.その他

 

・興味があるものにはとことんのめり込む
・同じことを何度も繰り返す(反復動作)
・自分の決まりごとが変わることが嫌い


これらの症状がいくつか当てはまる場合、自閉症である可能性があります。

言語の検査・行動の検査・発達の検査・MRIなどの検査で『自閉症』が確定します。

しかし、この自閉症は治る病気ではありません。

病気とは一生付き合っていかなければなりません。

 

治らないと聞いて不安になる方も多いですが、自閉症を理解しどのように生活するかを習得することで、仕事や結婚、子育てなど普通に生活していくことができます。

そのためには、どのように向き合っていくかアドバイスを受ける必要があります。

そのアドバイス、生活習慣の習得などは小さいうちからの積み重ねが重要となりますので、早いうちに自閉症と診断された方が良いという訳です。

 

まずは、専門の医師へ相談をし検査を受け、もし自閉症の場合は医師のアドバイスを受けましょう。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/22-365882.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

自閉症のひとつ、アスペルガー症候群

自閉症の一つであるアスペルガー症候群、言語発達などの遅れがなく比較的症状の少...

自閉症を完治させた母親の努力

    日本では、自閉症は脳の先天的な障害で、改善はできるが完治ができない病...


自閉症と併発する病気

  自閉症はさまざまな病気を併せて発症することが多くあります。     ...

自閉症者の脳は過度に発達していた?

    アメリカの研究で、2歳~16歳までの自閉症の少年の遺体を解剖研究した...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る