カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. ノロウイルスの予防には次亜塩素酸

気になる病気・症状

ノロウイルスの予防には次亜塩素酸

 

激しい腹痛や下痢、嘔吐で苦しむノロウイルスによる胃腸炎。

近年、感染の流行もあり、高齢者では体力がなくて死に至るケースも出てきました。

ノロウイルスの予備知識と感染予防のための方法を紹介します。

 

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスは、ウイルスに感染している食べ物(牡蠣や海外での水など)を食べて起きる場合もありますが、人からうつるケースもあります。

 

・感染している人が十分に手を洗わずに調理した食べ物を食べる

・感染している人の吐瀉物などを経由

・感染した人の吐瀉物など飛沫が空気中から口に入る

 

こうしたことを予防するには、感染者と周囲の十分な配慮も必要です。

 

アルコールでは死なないノロウイルス

ノロウイルスの流行が、毎年のように起きていますが、家庭での手洗いでは十分でないかもしれません。

ノロウイルスは、インフルエンザウイルスなどよりも強く、水で洗っても死滅せず、消毒用アルコールも効果がないことがわかっています。

 

アメリカCDCも推奨、次亜塩素酸ナトリウム

実は家庭用塩素系漂白剤として売られている次亜塩素酸ナトリウムが、ノロウイルスに効果があります。

ただし600ppm以下の濃度だとノロウイルスを死滅させられないので、注意が必要です。

一般的な家庭用漂白剤(次亜塩素酸6%)を、100倍に薄めるとこの濃度になります。

作り方は簡単です。

500mlのペットボトルに、キャップ一杯(5ml)の原液入れ、水で薄めます。これで出来上がりです。

アメリカ疾病予防管理センターでは1000ppmを推奨していますが、この濃度だと金属が腐食しやすくなります。家庭でつかいやすいノロウイルス対策の消毒液として紹介しました。もしも1000ppmのものを使用する場合には、金属部分は10分置いたら必ずふきとるようにしてください。

 

 

ノロウイルスに感染したら

家庭にノロウイルス感染者が出たら、ドアノブなどにこの消毒液を使って拭き取ることで、家庭内の感染が広がりづらくなります。

トイレのフタやドア、洗面台などに使用すると効果的です。

吐瀉物などの固形物が残っている場合には、確実に除去した後に、次亜塩素酸液をスプレーして拭き上げると除菌できます。

そのままだと、金属が腐食したり、色が抜けたりするので、消毒後に水を含ませたぞうきんで拭き上げるといいでしょう。

使ったぞうきんも、濃いめの漂白剤につけておけば除菌できますので、必ず除菌するようにしましょう。

 

正しい対処をすることで感染は拡大させずに済みます。しっかりと知識をつけていざという時に慌てないようにしましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/01/31-375838.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

【ノロウイルス対策】ノロ撃退に効果的!「渋柿」で作る渋柿消毒液

2015年の冬から2016年にかけて新型ノロウイルスの流行が話題になりました...

ノロウイルス予防4箇条!

  ノロウイルスに1度感染したからと言って、過剰に安心していないでしょうか。一...


ノロウイルス~食中毒だけじゃない!~

    食中毒と言えば夏場に発生しやすいと言うイメージを持っている方は多...

ノロウイルス予防!消毒する上での注意点

  ノロウイルス対策において有効なのは、感染する前に予防することです。食品から...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る