カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. 流すときに注意が必要!ノロウイルスはトイレで感染が拡大する?!

気になる病気・症状

流すときに注意が必要!ノロウイルスはトイレで感染が拡大する?!

近年、毎年冬に流行するノロウイルスですが、トイレで感染することが多いことがわかってきました。

 

糞便中のウイルスがトイレで飛散

ノロウイルスは、便の中に大量にいます。吐瀉物中にも多くいます。

これらを排泄するトイレは、ノロウイルスが大量に投入されるので、感染者が使用した場合には、トイレにノロウイルスがいると考えていいでしょう。

特に、排便後にフタを開けたまま流すと、ウイルスが飛沫となって空気中に飛散することがわかってきました。

 

洋式トイレであれば、フタをして流すことでウイルスの飛散がだいぶ押さえられることが研究で確認されています。

 

 

和式トイレは足元に要注意

和式トイレの場合、多くがフタがなく、便器が浅いため、飛散が大きいという調査結果が出ています。また、流す位置がズボンの裾に近く、ズボンなどに飛沫がついてウイルスを運ぶことになりやすいと考えられます。

 

 

水様便はトイレットペーパーと手にも

ノロウイルスの下痢がひどい場合、水のような便になります。

水様便は粘度が低く、広範囲にはねることもあり、排便後のおしりをトイレットペーパーでしっかり拭き取る必要があります。

しかし、この際にペーパーホルダーや手など、触っていないと思っていてもウイルスは広がっていることが多く、トイレ内にはウイルスが拡散していると考えた方がよいでしょう。

 

こまめにトイレの消毒を

ノロウイルスの感染拡大を防ぐためにも、次のことに気をつけましょう。

・トイレはフタをして流す(洋式トイレの場合)

・使用後は、適切な消毒薬で除菌をこまめにする

 (便器のフタの裏側、ペーパーホルダーやトイレの壁、ドアノブなど)

・和式トイレに行く場合には、ズボンの裾をあげる。

 使用後、足首などを除菌する。

 上着を着てトイレを使用しない。

 

高齢者や乳幼児がいる場合には、ぜひ心がけてください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/03/03-034339.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

ノロウイルスの予防には次亜塩素酸

  激しい腹痛や下痢、嘔吐で苦しむノロウイルスによる胃腸炎。 近年、感染...

水分補給が大切!ノロウィルス食中毒の対処法

  近年、日本で発生する食中毒の中でもっとも多いノロウィルスによる食中毒。...


ノロウイルス対策に「次亜塩素酸水」、その安全性は?!

夏場は気温や湿度の上昇により、ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスが増殖し...

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎の重症化を防ぐ「乳酸菌」パワー

  このところ、毎年流行し猛威を振るっているノロウイルスによる感染性胃腸炎。 ...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る