カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 多剤耐性菌 >
  5. 水回りに注意!エンドトキシンを出す「薬剤耐性緑膿菌感染症」

気になる病気・症状

水回りに注意!エンドトキシンを出す「薬剤耐性緑膿菌感染症」

 

最近、全国の病院や高齢者施設などで散発的に発生が報告されている多剤耐性緑膿菌

どのような菌でどんな危険があるのでしょうか。

 

水回りなどにいる常在菌

緑膿菌は、水回りなどに普通にいる常在菌で、口の中や鼻の粘膜などにもいます。

風邪を引いたときに鼻水が緑色っぽくなるのも緑膿菌の場合があります。

また、転んだときの傷口を絆創膏で塞いだまま不衛生にすると、緑色の膿みが出ますが、あれも緑膿菌です。

 

それ自体は健康であればまったく影響しない弱毒性の細菌で、消毒などで対処できます。

しかし、高齢者などで免疫力が極度に低下した場合などに、この菌が体内で増殖する日和見感染が起きることがあります。

 

多剤耐性菌が増えている

他の菌と同様に、緑膿菌も多剤耐性菌が出現しています。

自然耐性でペニシリンなどが効かない菌がいましたが、現在では新型の抗生物質まで広範囲に耐性を持つ菌が見つかってきており、警戒が強められています。

 

細菌の出す毒素エンドトキシン

痰や鼻水などにも菌がいるので、これらから感染が広がらないように配慮しましょう。

また、痰に菌がいる場合には、肺などで増殖して炎症を起こしていないか、といった検査も必要となります。

高齢者では、口の中や肺にこの菌が増殖し、なにかの拍子に傷口から菌が血液中に入ったりすることも起こります。

 

この菌はエンドトキシンと呼ばれる毒素を産生します。

血液中に入り、敗血症を起こすと、エンドトキシンショックとよばれる細菌毒への激しい反応から多臓器不全を起こし、死に至るケースもあります。

病院では、点滴や輸液中に混入する可能性もあるため、院内で発生した場合には、十分な感染防止措置がとられます。

 

どこにでもいる菌だからこそ

常在菌であるため、洗面所やトイレ、お風呂などの水回りが感染源となりかねません。

医療機関では、こうした施設を常に清潔に保つ必要があります。

薬剤耐性の菌はどこに潜んでいるかわかりません、そのため厳重な感染防止対策が必要です。

 

万一、感染が発生した病院に出入りする場合には、病院の指示に従い、十分な注意を払いましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/01/21-356107.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多剤耐性菌に関する記事

抗生物質を飲んで強い菌ができちゃう!?○○な薬の飲み方は、死をまねく危険な飲み方だった!

薬箱の中に、去年処方してもらった抗生物質の残りはないでしょうか。感染症が流行す...

MRSA、VRSA、NDM1…etc*様々な種類の薬剤耐性菌

多剤耐性菌とひとまとめに言いますが、じつにさまざまな病原菌で、薬剤耐性菌が出...


薬が効かない薬剤耐性菌 人間の体内で生まれるってどういうこと?

    MRSAやVRSAなど、抗生物質が効かない怖い病原菌の話をニュースで...

カルバペネム系抗菌剤が効かない新しい薬剤耐性菌「CRE」

    2013年3月、アメリカ疾病対策予防センター(CDC)は、新しい多剤耐性...

カラダノートひろば

多剤耐性菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る