カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. セレウス菌 >
  5. 作りおきに注意!「下痢型セレウス菌食中毒」の予防法

気になる病気・症状

作りおきに注意!「下痢型セレウス菌食中毒」の予防法

シチュー

 

シチューや煮物、ソース、ポテトサラダなど、ついつい沢山作って作りおきしてしまいがち。忙しい人は特に、時間のある時に下ごしらえだけでもまとめてやっておく…ということも多いのではないでしょうか。

 

でもそれ、要注意です!

 

■様々な食品が原因となる「下痢型セレウス菌食中毒」

セレウス菌食中毒には「嘔吐型」「下痢型」があります。

「嘔吐型」は米飯が原因食品となることが多く、その他、デンプンを多く含む食材もしばしば原因食品となるようです。

一方、「下痢型」の場合には、肉、魚、ミルク、野菜など、様々な食材が原因となりえます

 

■特徴は?

「嘔吐型」は症状が出るのがとても早く、食後1時間以内ないし6時間ほどで吐き気や嘔吐の症状が出ます。それに対し「下痢型」は食後6時間ないし15時間で腹痛がおこり、水溶性の下痢の症状があります。吐き気もよくある症状ですが、嘔吐まですることはほとんどなく、熱が出ることも稀です。症状の持続時間も嘔吐型より長く、24時間以上続きます

下痢型セレウス菌の作る毒素は、嘔吐型の毒素と違って、加熱により無毒化することが可能です。60℃以上で5分以上の加熱が有効です。

 

 

予防法としては嘔吐型とほぼ共通で、

 

・常に新鮮な食材を選び、すぐに調理する

・できるだけ保存せず、食べきる

・冷蔵庫での保存で安心しない

十分に加熱する

 

などです。

 

下痢型の場合は加熱が有効なので、十分に加熱してしっかり殺菌するようにしましょう。

 正しい知識をもって、日々の食事を安全なものにしたいですね。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/19569?title=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%EF%BC%95 )

著者: ミシェルさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

セレウス菌に関する記事

アジア圏で多発!「嘔吐型セレウス菌中毒」とは 特徴・症状・予防法

  米飯は私たち日本人の食卓には欠かせないものですね。 ですが、その米飯...

大量の作り置きはNG!セレウス菌を増やさないようにしよう

  セレウス菌は厳しい環境下でも生き延びることができる特徴を持っています。食中...


セレウス菌に汚染されやすい食品とは?

  セレウス菌は集団食中毒を引き起こすこともある食中毒菌です。日本での食中毒の...

加熱しても無駄?食中毒の常識を覆すセレウス菌による食中毒の予防

  食中毒というと、食材をしっかり加熱すれば大丈夫という意識があると思います。し...

カラダノートひろば

セレウス菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る