カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ウェルシュ菌 >
  5. 集団発生が多い「ウェルシュ菌」の症状と予防

気になる病気・症状

集団発生が多い「ウェルシュ菌」の症状と予防

学校給食

 

学校や病院での食事は、みんなの楽しみにしているものではないでしょうか。

けれど、時々耳にする、給食による集団食中毒。

せっかくの楽しい給食が、食中毒で台無しにならないためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

■ウェルシュ菌食中毒の特徴

ウェルシュ菌による食中毒は、菌に汚染された肉や魚、魚介類、野菜、添加物や香辛料などを使用してしまい、更に保存することでウェルシュ菌が増殖してしまったものを食べることで感染します。ウェルシュ菌は食品の中で増殖して芽胞を形成します。芽胞とは、植物の種のようなものです。種のように外側に硬い皮があるために熱や消毒剤などにも強いという特徴を持っています。ウェルシュ菌の場合も、この芽胞を形成するために加熱や消毒剤・殺菌剤に強いため、調理後の食品中にも残りやすく、そのため保存中に増殖してしまうのです。

ウェルシュ菌はウシ・ニワトリ・魚介類での保菌率が高いとされています。

 

■集団食中毒に多いウェルシュ菌

食肉(特にウシ・ニワトリ)や魚介類に菌が多く、加熱しても芽胞の状態で残ることが多いため、これらの食材の加熱調理食品がウェルシュ菌食中毒の主な原因です。

このため、学校給食や病院食、その他「大量の食材を使って大量に調理」し、「ある程度の時間保存」されたのちに沢山の人に提供される場合などに起こりやすい食中毒といえます。そのため、一度に大勢が感染・発症することが多くなるのです。

 

■予防法は?

ウェルシュ菌は15℃〜50℃で発育・増殖します。他の菌と比べて、40℃を超える環境でも活発に発育してしまうため、注意が必要です。

他の食中毒と比べて、気をつけなければいけないことが少し多いですが、

 

・スープやシチューなどをの調理や、大量に調理する場合は、よく混ぜて空気を中に入れるようにする(ウェルシュ菌が嫌気性細菌のため)

保存はできるだけ底の浅い容器で、空気と接する部分を多くする

冷凍食材は完全に解凍してから調理する

・調理前、調理後ともに室温で放置はしない

・保存するときはすぐに冷却して冷蔵庫で保存する

・保存した食品は、食べる前に再加熱する

 

などに気をつけましょう。

 

ウェルシュ菌による食中毒の症状は主に胃腸炎で、腹痛や下痢が主な症状です。特別な治療がなくても、2日程度で治まります。脱水症状にならないよう注意して、安静にしましょう。

ごく稀に発熱や嘔吐、血便が出る場合があります。この場合には、病院で適切な処置を受けましょう。

ウェルシュ菌食中毒は、軽症の食中毒ですが、予防するに越したことはありません。

日頃から衛生管理や調理法などに十分気をつけるようにしましょう。

 

 

(イラスト by: //www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_3429.html ) 

著者: ミシェルさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ウェルシュ菌に関する記事

カレーはいつも常温でおいてるから大丈夫?梅雨は「いつも」と違うから気を付けて!

  梅雨の時期に入る6月以降は、食中毒の数が増えます。梅雨は細菌にとって活動す...

給食で食中毒をひきおこす?別名給食病・ウェルシュ菌食中毒の特徴

  ウェルシュ菌による食中毒はアメリカではよく見られる食中毒の一つです。一方、...


主婦必見!残り物に福はない?食中毒の原因ウェルシュ菌に要注意!

  ハム、ソーセージ、かまぼこから検出されるウェルシュ菌による食中毒は、頻度し...

「味噌汁」に「トマトのヘタ」…意外とこんなところにも食中毒の危険があるんです。

  細菌にとっての好環境である梅雨の時期は、家庭でする料理も気を付けると思います...

カラダノートひろば

ウェルシュ菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る