カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 狂犬病 >
  5. 狂犬病は犬だけがかかる病気じゃない!輸入される狂犬病の脅威

気になる病気・症状

狂犬病は犬だけがかかる病気じゃない!輸入される狂犬病の脅威

日本では1957年に撲滅されたと言われている狂犬病。しかし世界ではまだ多くの国で発生しています。そのため、日本にも入ってくる可能性は十分にあるのです。

 

海外で感染、二次感染の可能性

2006年には、フィリピンで犬に噛まれた経験がある方が、国内で狂犬病を発症、亡くなるという事件が起きています。

 

当初発熱と幻覚で入院し、医師は狂犬病を疑いましたが、本人が海外での動物との接触を否定したため、診断が困難な状況でした。しかし、フィリピンとの往復を続けていたことと、家族からフィリピンで犬に噛まれたことを確認できたことから狂犬病と判定、治療を開始しましたが、多臓器不全で亡くなっています。国内では実に36年ぶりの狂犬病の発生でした。

 

輸入ペットの狂犬病検査

狂犬病は、名前から犬がかかる病気と思われがちですが、ほ乳類のほとんどが感染する病気です。

 

海外ではコウモリ・アライグマ・キツネ、さらにアフリカではジャッカル・マングースが主な感染源となっています。このため、日本人が海外で狂犬病に対する危機感が低くなっている可能性もあります。

 

さらに、現在海外から多くの動物がペットとして輸入されていますが、このうち狂犬病の検査を義務づけられているのは、犬・ネコ・アライグマ・キツネ・スカンクの5種類だけです。

 

一般に、輸入検疫の期間に狂犬病であれば発症するので、検査はしなくても水際でほぼストップできます。しかし、汚染国から狂犬病をもった動物が入ってくる可能性もゼロではありません。

 

噛む事件の多いフェレットやリスなどは検査対象ではないため、きちんとしたルートで輸入されているかが重要です。

 

診断できない狂犬病

現在、国内では長い間狂犬病と診断される発生例がなく、医療現場でも狂犬病をみたことがない医師がほとんどになっています。そのため、もしかしたら狂犬病が見逃されているかもしれません。

 

感染するとほとんど治療手段がない狂犬病。潜伏期間中の二次感染が心配されます。海外で動物との事故があった場合には、予防的措置としてすぐにワクチンを接種しましょう。また、気になる症状と心当たりのある場合には、医師にそのことを正確に伝えることが大切です。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

狂犬病に関する記事

実はあなたもはまる落とし穴 誤解されがちな「狂犬病」3つの勘違い

  世界の中で狂犬病が発生していない、国は日本やオーストラリア、ハワイやイギリ...

犬だけの病気だと思ったら大違い!発展途上国に多い「狂犬病」とは

  狂犬病というと、日本国内で生活している限りは疎遠な病気になりました。しかし...


海外旅行で気を付けたい感染症「狂犬病」の症状とは?

  厚生労働省はホームページで海外旅行者に対して気を付けるべき感染症を紹介...

噛まれた?狂犬病に感染したかも、と思ったら 即行うべき対処法

  インドは年間約数万人が狂犬病によって死亡しています。インドは狂犬病による犠...

カラダノートひろば

狂犬病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る