カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. SRSV >
  5. キノコ狩りや山菜採りの季節、死の可能性もある「植物性自然毒」とは

気になる病気・症状

キノコ狩りや山菜採りの季節、死の可能性もある「植物性自然毒」とは

スギヒラタケ

厚生労働省による自然毒の情報ページより

 

食中毒と聞くと、生の肉や魚介類などを思い浮かべることが多いと思います。

それらの多くはウィルスが原因で起きる食中毒ですが、ほかにも「植物性自然毒」という原因もあります。

 

■植物性自然毒とは

植物性自然毒とは、読んで字の如く、植物の持つ自然の毒です。もちろんすべての植物にあるわけではなく、特定の種類が毒を持っています

毒キノコと呼ばれるキノコや、トリカブトなどの毒草が持つ毒がそれにあたります。

身近な所では、私達の食卓にのぼることも多いジャガイモも、取り扱いを間違うと毒を持つ植物になります。

 

■植物性自然毒による食中毒

日本で発生件数が比較的多く報告されているものとしては、

・キノコ(スギヒラタケ、カキシメジなど)

・アジサイ

・ジャガイモ(緑色になったもの、芽の根本)

などがあげられますが、その他にもスイセンやイヌサフランなどが報告されています。

キノコ狩りが盛んな秋には、間違って毒キノコを採取して食べてしまうということも増えるようです。また、山菜採りでの間違った種類の採取も原因として多いようです。

 

■防ぐには

キノコや山菜など、毒を持つ種類との識別が難しいものも少なくありません。

専用の図鑑などできちんと確認する、専門家に同行・確認してもらうなど、間違って毒のあるものを採取したり食べたりしないようにすることが大切です。

また、ジャガイモのように、通常は問題はなくても、保管方法によって毒を作り出してしまうものもあるので、野菜の保存や調理には、それぞれにあった適切な方法で行うことが大切になります。

 

 

正しい情報を入手して、毒を持った植物を食べたりしないように気をつけましょう。

 

*自然毒のリスクプロファイル

(厚生労働省による自然毒の情報ページ;植物性自然毒はページ下部に記載されています)

 //www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/

 

 

(Photo by: //www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/kinoko_04.html )

著者: ミシェルさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

SRSVに関する記事

病原性大腸菌が感染した際の症状とは?食中毒を起こす大腸菌について

   大腸菌には体にいい菌もいますが、病気を引き起こす菌もいます。今回は、病気...

お肉には食中毒を発生させる原因菌がついている?!お肉の保存や調理方法

お肉は衛生的な環境で解体などの処理が行われています。しかし、畜産動物には腸があ...


人の小腸粘膜で増殖する?食中毒の原因「SRSV」とはどんなもの?

  ニュースなどで時々耳にする「小型球形ウィルス SRSV」ですが、どんな...

食品を保存する際は気をつけて!食中毒を起こす腸管出血性大腸菌を防ごう

   食品に、もともと少量しか腸管出血性大腸菌がいなくても、常温に置いておくと...

カラダノートひろば

SRSVの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る