カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 化粧品成分 >
  5. 知らないと損!?化粧品に含まれる成分の思わぬ「落とし穴」とは

美容・ダイエット

知らないと損!?化粧品に含まれる成分の思わぬ「落とし穴」とは

 

化粧品成分の落とし穴

 

化粧品を選ぶ時、あなたはどんなことを基準に選んでいますか?

 

肌に優しいイメージのある無添加や自然派と謳っている化粧品ですか?

それとも美白効果のある化粧品ですか?

 

広告やCMでも「肌に優しい無添加化粧品」とか「美白に効果がある化粧品」など、私たち消費者が求めるよい効果のみを前面に押し出したものが多いように思えます。

 

化粧品は様々な成分が混じったもの

化粧品は様々な成分が交じり合ってできているものです。

「肌に優しい無添加化粧品ですから保存料などは一切使用していません」などと聞くと肌に優しく安全な化粧品であるイメージが強くなります。しかし実際にはパッケージに表記させなくても良い部分があるのでそこで無添加ではない成分が使用されているなんてこともあります。

また、美白効果が高い化粧品では、それらに効果がある成分が何%入っているなどという表記があり、それにばかり目が行ってしまいますが、それ以外に含まれている成分が自分の肌に合わないものである可能性もあるのです。

 

選ぶ基準は人それぞれ

化粧品を選ぶ基準は人それぞれです。とにかく美白を重要として化粧品を選ぶならば、美白効果の高い成分が入った化粧品を選ぶでしょうし、肌に優しいものを重要とするのならば無添加や自然派化粧品を選ぶでしょう。しかしそればかりに気を取られてしまい、実際には自分の肌に合っていないものを使用してしまっている人も多くいます。

 

特に肌トラブルの多い人やアレルギーの人は、その効能だけを基準として選ぶのではなく、そのほかの成分や自分の肌に合っているものかどうかを見極める必要があります。

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130452109post-2655.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化粧品成分に関する記事

有効成分の入った機能性化粧品は手作りできる!そのレシピとは?

  化粧品を自分で作ってみよう!   現在、市販されている化粧品の多く...

基礎化粧品とメイク品の成分の組み合わせの工夫次第で効果倍増!

  化粧品は基礎化粧品とメイク品両方の成分を考える   自然派化粧品や...


『経皮毒』は存在する?その真偽について~経皮吸収の基本

 経皮毒とは何か? 『経皮毒』という言葉をご存知でしょうか? この言葉は、20...

製造年月日の記載は義務ではない?化粧品の表示についての決まり

  女性なら誰しも、化粧品のひとつやふたつもっていますよね。男性でも最近は...

カラダノートひろば

化粧品成分の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る