カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 化粧品成分 >
  5. 美白に効果的な成分はなに?化粧品の成分表示をチェックしよう

美容・ダイエット

美白に効果的な成分はなに?化粧品の成分表示をチェックしよう

%E9%9B%AA

厚生労働省が薬用美白成分として認めたもの(2010年9月30日現在)


●4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
慢性的なターンオーバーの不調に着目して開発された成分です。
角化を正常にするために働くほか、メラニンの抑制作用もあるとされています。

●マグノリグナン
植物由来の天然化合物をモデルに開発された成分です。
チロシナーゼな成熟を阻害する働きがあります。

●プラセンタエキス
化粧品に使われているのは、豚の胎盤から抽出されたエキスです。
チロシナーゼ抑制の効果があります。

●ビタミンC誘導体
リン酸型ビタミンCなど、肌に吸収しやすい形に変えたものです。
抗酸化作用があり、ニキビ痕のシミや赤みにも有効です。

●アルブチン
もともとはコケモモから抽出された成分です。
チロシナーゼ抑制効果があります。

●コウジ酸
コウジ菌由来の成分です。

●エラグ酸
イチゴから抽出された成分で、チロシナーゼ抑制効果があります。

●ルシノール
北欧のもみの木の成分をヒントにつくられた成分で、チロシナーゼ抑制効果があります。

●リノール酸
サフラワー油などの植物油から抽出されます。
チロシナーゼ抑制効果があります。

●カモミラET
カモミールから抽出される成分です。
抗炎症作用を併せ持ちます。

●トラネキサム酸
本来は止血剤や消炎剤として使われていたものを、美白成分として開発したものです。


【薬用以外の美白成分】
○油溶性甘草エキス(グラブリジン)
甘草から抽出したものです。
消炎効果もあるのでかぶれにくく、肌の弱い人にも比較的使い易い成分です。

○ハイドロキノン
欧米ではかなり以前からシミのケアに使われている成分です。
チロシナーゼ抑制効果がありますが、濃度が高いと皮膚への刺激が強いようです。

(photo by //www.ashinari.com/2011/10/18-351829.php )

著者: ひなさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化粧品成分に関する記事

シワ改善は、基礎化粧品では解決できない?!『医薬品』の必要性

      国内では、薬事法により『真皮』まで浸透する基礎化粧品がない?!   ...

肌トラブルを防ごう!化粧品を使うときの注意点

化粧品は実際に肌に塗ったり、口にいれたりするものなので、化粧品の成分に関する表...


有効成分の入った機能性化粧品は手作りできる!そのレシピとは?

  化粧品を自分で作ってみよう!   現在、市販されている化粧品の多く...

人気オイル『スクワラン』、安全性には『純度』のチェックを!

  スクワランってどんな物質?   『スクワラン』と言えば、皮膚上に付...

カラダノートひろば

化粧品成分の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る