カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. そばかす >
  5. 「そばかす」もシミ同様のスキンケアを

>>そばの検索結果に戻る

美容・ダイエット

「そばかす」もシミ同様のスキンケアを

 

そばかすもシミ同様のスキンケアを

 

 

シミとそばかすの違いはできる時期や消える時期などです。シミは肌ダメージが蓄積された30代から40代以降が多く、そばかすは遺伝子的要素が大きいために、幼少時から見られることが多いのが特徴です。またシミはできてしまうとなかなかきれいに消すことはできませんが、通常のそばかすであれば成人して大人になるにつれて自然と色が薄くなり消えていく可能性が多いです。

 

しかしいずれは消えてしまうはずのそばかすも肌へのダメージが大きかったりスキンケアが十分でなかったりすると通常は消えるはずが消えずに色が濃くなり残ってしまうこともあります。そのためシミもそばかすも同様のスキンケアが大切になってくるのです。

 

肌にシミやそばかすができるのは?

肌は紫外線を浴びるとメラニンを生成します。メラニンの生成は皮膚の下にある細胞を守るために発生するもので、これによって皮膚下の細胞が紫外線によって破壊されることを防いでいるのです。日焼けした肌が黒くなったり、シミやそばかすができるのはこのためで、これによって皮膚の下まで紫外線の被害が及ばないようになっています。日焼けした肌は通常であれば時間がたつにつれて色が薄くなり元に戻ってしまいます。これは肌のターンオーバーが正常に働いているからで、正常なターンオーバーがなされていると肌は28日周期で表面の薄い皮膚膜が剥がれ落ち、下からきれいで新しい皮膚膜が出てくるようになっています。

 

ターンオーバーを正常化

シミやそばかすはこのターンオーバーが正常に働かなくなると肌表面にメラニンが蓄積されたまま剥がれ落ちなくなり、色が残ってしまうためにできてしまうものです。不十分なスキンケア、特に乾燥からくる肌トラブルターンオーバーに支障をきたしてしまうので、十分な保湿を心がけることが大切です。

 

常に紫外線によりメラニンが生成されてしまうと、シミやそばかすはできやすくなり消えにくくなります。そのため紫外線対策やUVケアは一年中行うようにしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20120913250post-1909.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

そばかすに関する記事

「そばかす」のスキンケア方法*正しくしないと濃くなることも…

  そばかすのスキンケア方法   シミは紫外線による肌へのダメージ蓄積量によっ...

ただの料理の飾りにするにはもったいない!効率よくビタミンCをとるならパセリ!

   ビタミンCは必須栄養素であり、抗酸化作用によってガンや肌のシミ、老化などの...


そばかすなんて気にしない?

    そばかすとは?   そもそも“そばかす”とは遺伝的要因が強く、生まれたと...

消したい人、必読!そばかす治療

    そばかすを消したい!!     チャーミングともいわれる『そばかす』だけ...

カラダノートひろば

そばかすの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る