カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸内環境の乱れ >
  5. 食事以外にもある!腸内環境を改善するために気をつけたいこと

気になる病気・症状

食事以外にもある!腸内環境を改善するために気をつけたいこと

 

腸内環境改善のための要素と言えば食事が中心となります。食物は胃と腸を通って最終的に不要なものが外に出るので腸とは切っても切り離せない関係にあるからです。

食事の改善はもちろんとして、そのほかにも生活の中で腸内環境を改善できる要素があるかどうかを見ていきます。

 

●運動で腸内環境を改善

腸内環境を悪化させる問題の一つに便秘がありますが、便秘は食事の他に運動とも関係しているのが特徴です。

女性は男性に比べて便秘になりやすいという話を聞いたことのある方も多いはずです。実際に、女性には便秘が多いです。

その理由のひとつが男性よりも腹筋がなく、便を押し出す力が弱いからです。

つまり、運動を生活のなかに取り入れることで筋力をつけ、便を押し出す力で便秘を防いで腸内環境を改善するのです。

腹筋運動が特に効果的ですので、朝起きた時や夜寝る前などに習慣として取り入れてみてください。

 

●睡眠不足を解消して腸内環境を改善

ふだんの生活の中でも1日の3分の1程度を占めるのが睡眠です。よい睡眠、質の高い睡眠を取ることは体によいと言われており、腸内環境を改善する場合もそれは同じです。

睡眠不足になると消化物から便を作る働きが低下してしまい、腸内環境が乱れます。

1日7時間程度の睡眠、夜眠る前にはパソコンやテレビの画面を見ずに過ごしてみてください。

 

腸内環境改善のために生活の中で取り入れられる要素には運動と睡眠不足の改善があります。

運動では腹筋をつけることを中心に、睡眠不足の改善では時間とともに質も重視した睡眠を意識してみてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/01-373460.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸内環境の乱れに関する記事

優勢なのは善玉菌?悪玉菌?腸内細菌の変化で表れる体の症状

 腸内細菌のバランスが健康状態に影響するといわれます。善玉菌が優勢な場合と悪玉...

内臓から若返ろう!注目の胃腸アンチエイジング法

食べ物を消化したり吸収したりする中心的な役割を果たしている胃や腸の内臓アンチエ...


気になる体の不調~続くなら腸内環境の検査を!

腸内細菌のうち悪玉菌が優勢になると、心身にさまざまな影響が及びます。不調が続く...

人間の免疫の8割を占める腸管免疫とは?腸内環境と免疫の関係

  腸内環境は腸だけの問題だから特に全身に影響が出ることはないだろう、と思って...

カラダノートひろば

腸内環境の乱れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る