カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 歯が溶ける?酸蝕歯予防のための生活の中で気をつけるべきポイント

気になる病気・症状

歯が溶ける?酸蝕歯予防のための生活の中で気をつけるべきポイント

 

酸蝕歯は酸性の食べ物や飲み物を含むことで口内のバランスが乱れ、酸によって歯のエナメル質が溶けてしまった状態を指しています。

酸蝕歯の人が生活の中で気を付けたいポイントを紹介するので、酸蝕歯ではない人も酸蝕歯予防に役立ててみてください。

 

●ちょこちょこ飲みには注意が必要

酸蝕歯の症例で多いのはスポーツドリンクや酢などをちょっとずつ飲んでいたという例です。

少しずつ飲んでいると聞くとそれほど問題はないように思いますが、酸性の飲み物を少し飲んで口内が酸性になり、ようやくバランスを取り戻そうとしているところにさらに酸性の飲み物が入ってくる状態です。

また、ちょこちょこ飲むときには歯磨きをしない方が多いのでスポーツドリンクなどを飲んでいる場合は酸蝕歯だけではなく虫歯のリスクも上がってしまいます。

 

●歯ぎしりやかみしめに注意

寝ているときの歯ぎしりとなると自分では注意できませんが意識のある時の歯ぎしり、かみしめはなるべく我慢するようにしてください。

歯ぎしりをすることで歯が摩耗しやすくなり酸蝕歯にもつながります。無意識下の歯ぎしりにはマウスピースも有効です。

 

●電動歯ブラシに注意

酸蝕歯気味、もしくは酸蝕歯の方は電動ブラシよりも手動の歯ブラシをお勧めします。というのも電動ブラシは歯の磨き過ぎにつながることが多いからです。

酸蝕歯のためには手動の歯ブラシで歯垢などには注意しながら磨くのがベストです。

 

酸蝕歯の人が気を付けたい日常生活のポイントにはちょこちょこ飲む癖を直す、歯ぎしりをしないように注意する、電動歯ブラシを使わないなどがあります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/05/28/18/23/dentist-114266_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

意外と知られていない?歯周病・歯肉炎から考えられる病気

  歯周病の多くはプラークコントロール不全によるものと考えられています。歯磨き...

ママさん必見!放っておくと危険?万病の元「虫歯」から子供を守ろう

  昔歯科医院で働いていたころ、お母さん達から乳歯の歯磨きについてよくご質...


歯みがき粉の落とし穴?!

    以前筆者が歯科医院に勤めていた時に、診療用の道具なんかを持ってき...

炭酸を飲むときには気を付けて!酸蝕歯を予防する飲み方

  酸蝕歯の人の治療例を見てみるとその原因は食べ物、飲み物にあることがわかりま...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る