カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. 筋力低下が招く糖尿病 生活習慣病の原因「サルコペニア」とは

健康診断・健康管理

筋力低下が招く糖尿病 生活習慣病の原因「サルコペニア」とは

 

最近よく聞くサルコペニアという病気は一体何なのかというと、筋肉が衰える病気です。

糖尿病などの生活習慣病にもつながるサルコペニアとは、そしてその原因を見ていきます。

 

●サルコペニアって?

サルコペニアが誕生したのは1989年のことで、それまでは老化に伴う筋力の減退は当然あるものと考えられてきました。

年をとるとともに筋力が減退して体を動かせなくなるのがサルコペニアの大きな問題となっています。

寝たきりになる、筋力がないことによって運動ができずエネルギーを消費できないため肥満になるなどがサルコペニアの及ぼす害といえるでしょう。

サルコペニアと肥満が同時に発症している場合はサルコペニア肥満と呼ばれます。肥満と関わりの深い糖尿病などのリスクも上がると考えられます。

 

●サルコペニアの原因は?

実はサルコペニアの原因は謎の部分が多く、現在でも多くの研究者たちがサルコペニアに関する研究を行っています。

なお、考えられる原因としては不活発な生活スタイルや重症の臓器不全、悪性腫瘍、吸収不良、食欲不振、タンパク質の摂取量不足、加齢などがあります。

サルコペニアは加齢とともにその割合も増えていく病気ですので基本的には加齢と何らかのかかわりがあると言えます。

なお、いずれの原因だったとしても安全かつ有効に筋肉を増やすことがサルコペニアの予防や改善につながることもわかってはいるのですがどのような方法がよいのか、もっとも効果的な治療は何かなどはまだわかっていません。

 

サルコペニアは筋肉量の減少がみられる病気で、原因は加齢や運動不足などがかかわっていると考えられますがまだ詳しくはわかっていません。

また、サルコペニアの治療法では筋肉を増やすことが大切ですが具体的なガイドラインはまだできあがっていません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/06-348765.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

激しい運動は免疫力を低下させ老化を早める!運動のデメリットについて

   健康づくりには欠かせない「運動」ですが、あまり激しい運動をしてしまうと免...

生活活動のメッツ一覧

  ☆成人の身体活動の基準☆ 3メッツ以上の活動を、1週間の身体活動の合...


できることから運動を始めよう!

    仕事が忙しい人や運動習慣がない人は、運動と言われてもなかなか腰が...

長寿大国日本!65歳以上の身体活動基準とはなにか知っていますか?

  今は高齢化の時代ですから、65歳以上でも元気に運動出来る方もたくさんい...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る