カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. マラリア >
  5. 世界で年間200万人が死亡する恐怖のマラリア 日本で感染の可能性は?

気になる病気・症状

世界で年間200万人が死亡する恐怖のマラリア 日本で感染の可能性は?

 

マラリアは年間約4億人が感染し、約200万人が死亡している感染症です。その大部分はアフリカにおける子供たちの死亡がほとんどですが、東南アジアや中南米でも多くの感染者数があり、これらの土地に旅行する際は注意が必要です。

 

 

日本での発症

日本で発症するのはほとんどが旅行者です。マラリアの流行地域を旅行し、帰国してから発症することが多いのですが、日本国内ではめったにない病気であることと、初期症状が風邪などと似ていることから、マラリアと診断されず、治療が遅れてしまって重篤化し、死亡するケースもあります。日本国内での発症は、年数十人程度で、死者は毎年数人程度です。

 

日本でマラリアが流行する?

国際化と言われるような流れの中で、海外と日本との往来は非常にたやすくなっていますし、それに伴ってマラリア患者が海外から輸入されてくる数はこれから増える可能性があります。そのため、その輸入された患者から日本国内で他の人間に感染するということも可能性としてはあります(実際アフリカとの交流が活発なヨーロッパではその例があります)。

 

日本でマラリアは流行しない

これらのような感染を持ちこむことがあっても、日本で再びマラリアが流行する可能性はあまりありません。マラリアが流行するということは、マラリア感染の媒体である蚊が好む環境でなければなりません。確かに温暖化の影響で、気候的には蚊の好む気候になってはいまが、日本の公衆衛生の状態が東南アジアや中南米と比較した時に、同等と言えるくらいにまで崩れるということはまず考えられません。

  

 

日本は島国ですから、これらの様な感染症の根絶には有利です。しかし、海外との往来が非常に簡単になった今、それらを持ちこまないようにするのは一人一人の意識にかかっていると言っても大げさではありません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/03/15-359289.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

マラリアに関する記事

マラリア危険地域に行く前に 知っておきたい「スタンバイ治療」とは

  東南アジア、南アジア、オセアニア、アフリカ、中南米などマラリアの流行地の中...

近い将来日本でマラリアが大流行!?地球温暖化が招く恐ろしい病気

  熱帯地域で今もなくならないマラリア。 地球温暖化で日本でもマラリアが...


マラリアはワクチンが未完成 回復には早期発見・早期治療がキーワード

  感染症であるマラリアは、その種類によっては死亡する危険性もある病気です。し...

アフリカへ旅行の方は要注意!マラリアを徹底的に回避する方法3つ

  マラリアは適切な処置ができれば発病しても治らない病気ではありませんが、地域...

カラダノートひろば

マラリアの関連カテゴリ

マラリアの記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る