カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. マラリア >
  5. マラリアはワクチンが未完成 回復には早期発見・早期治療がキーワード

気になる病気・症状

マラリアはワクチンが未完成 回復には早期発見・早期治療がキーワード

 

感染症であるマラリアは、その種類によっては死亡する危険性もある病気です。しかし早期の発見と、早期の治療によってマラリアは回復する病気でもあります。

 

 

軽症マラリアの治療

軽症のマラリアの症状は、感染の初期段階あるいは、熱帯熱マラリアにおいて合併症が出ていない場合が主です。このような場合は、飲み薬によって治療可能な段階です。治療に使用される薬は主に以下のものです。

メフロキン

クロロキン

マラロン

ファンシダール

アルテミシニン系の薬

これらの薬は感染者本人の体調や生活、年齢、体質、滞在先の環境など様々な要素を考慮して処方されます。これらの薬の中から2種類の薬を組み合わせて使用する方法も広く行われています。

これらの薬は効果が非常に高く、飲み始めてから数日でマラリアの特徴である熱が下がり、諸症状がおさまります。しかし、注意しなければならないのは、症状が治まったからと言って治療をやめてはいけないと言う点にあります。すぐに症状が治まるので、それで完治したと思ってしまいがちですが、これらの薬を決められた期間の間、決められた量を正しく服用し続けなければなりません。もし途中で服用をやめると再熱といって、マラリアが再発する可能性があります。

また近年、薬に耐性を持つマラリアが出現し、薬の選択も一辺倒にはいきません、時には副作用や、禁忌のある薬の使用が必要になるときもありますので、専門の病院で治療を受けることが必須です。

 

重症マラリアの治療

早期治療がなされず、マラリアが重症化し、時に死に至るのは熱帯熱マラリアの場合です。熱帯熱マラリアは様々な合併症を引き起こすことがあり、それが命に関わるのです。また、一命をとりとめたとしても後遺症が残るケースが少なくありません。重篤化してしまった場合、ICUで厳重に管理された上で行っていくような治療が必要になります。

 

 

意識障害や排尿の機能障害が出てくると、マラリアが重篤化する兆候と判断できます。マラリアはワクチンが完成していないため、そうなる前に治療を行うことが大切です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

マラリアに関する記事

世界で年間200万人が死亡する恐怖のマラリア 日本で感染の可能性は?

  マラリアは年間約4億人が感染し、約200万人が死亡している感染症です。その...

日本の抗体検査システムの不備?シャーガス病感染リスク問題とは

    『シャーガス病』の血液製剤による感染率は、血球の種類によって異なる ...


死亡の可能性もある恐ろしい感染症 マラリアと熱帯熱マラリアの症状

  マラリアはハマダラカという種類の蚊に刺されることによってマラリア原虫が体内...

海外旅行で気を付けたい感染症「マラリア」の症状とは?

  厚生労働省はホームページで海外旅行者に対して気を付けるべき感染症を紹介...

カラダノートひろば

マラリアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る