カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠の質 >
  4. 仕事も恋愛もきっとうまくいく!?すっきり快眠のための5つの睡眠法

不眠・睡眠障害

仕事も恋愛もきっとうまくいく!?すっきり快眠のための5つの睡眠法

 

睡眠は体の回復、脳の回復と密接にかかわっている習慣で、1日8時間寝ているとすれば人生の3分の1は睡眠に費やすことになります。

それだけに重要なことは睡眠の質を上げるということです。ただ眠るのではなくより体や脳を回復させる眠りの方法を覚えることが大切です。

 

●睡眠の質を上げる睡眠法①SNS投稿を控える

多くの方がFaceBookやTwitterを利用しているようですが眠る前の投稿は控えておいた方が良いと言われています。

パソコン、スマートフォンの画面を見るからという理由の他にSNSに返事がつくとそれに返事したくなり、図らずも睡眠時間を確保できなくなるからです。

 

●睡眠の質を上げる睡眠法②寝る2時間前までに食事

消化に負担がかかると睡眠の質が下がると言われています。そのため、食事は遅くとも眠る2時間前までに終わらせておくのがベストです。

体型が気になる方の場合、寝る直前に食べると夜はカロリー消費が難しいので太りやすいというデメリットもあります。

 

●睡眠の質を上げる睡眠法③リラックスする

心が緊張している、興奮していると交感神経が働いてますます眠れなくなってしまいます。寝れたとしても睡眠の質は下がります。

眠る前にはリラックスするのが睡眠法としては適切です。あれこれ考えずに眠りに落ちていくような感覚で眠る直前を過ごしましょう。

 

●睡眠の質を上げる睡眠法④朝日を浴びる

朝日を浴びるとメラトニンが生成されて夜眠くなるというリズムが作られます。

朝に朝日を浴びることが夜の眠りの質にもつながるので朝起きたらまずはカーテンを開けてください。

 

●睡眠の質を上げる睡眠法⑤運動

眠る前ではなく朝の早い時間帯に運動すると眠りにつきやすいとわかっています。毎朝30分程度の運動を習慣にするとよいでしょう。

なお、寝る前の運動は交感神経を刺激するのでNGです。

 

眠りの質を上げるための睡眠法としては食事の時間に気を付ける、リラックスする、運動を朝の早い時間帯に行うなどの方法があります。

気軽に始められるものから開始して眠りの質をアップしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374442.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠の質に関する記事

間違った睡眠方法で睡眠の質が落ちる?ダメな睡眠方法を解明!

しっかり寝たはずなのに日中眠い、たくさん寝たはずなのに寝た気がしない、などなど...

不規則な生活に「5時間以下・9時間以上睡眠」が加わると、心血管リスクが50%以上増加する?

睡眠時に脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」は、成長期に多く分泌され主に骨や筋...


ついやってしまう「あと5分…」はNG!スヌーズ機能が睡眠の質を低下させていた?!

日頃の睡眠を十分と考えていない人は、できるだけ睡眠時間を増やそうと考えるのでは...

ナポレオンやエジソンの睡眠時間は3~4時間?睡眠の質の大切さ

睡眠時間を削れば結果を出せる!? 「できる人ほど眠りが短い」なんとなくそう思っ...

カラダノートひろば

睡眠の質の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る