カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 寒冷 >
  5. ポイントは首と腰!寒冷アレルギーを防ぐ服装と注意点

アレルギー

ポイントは首と腰!寒冷アレルギーを防ぐ服装と注意点

winter-clothes-62309_640.jpg

 

寒冷アレルギーの人にとって、寒さは大敵です。体を冷やしてしまうと、じんましんやかゆみが出てきます。

まずはアレルゲンである寒さを防ぎましょう。そのための服装についての注意点を紹介します。

 

 

●太い血管がある首と腰を温める

人間の体の中でも、首と腰は太い血管があることで知られています。

首は太い血管が身体の外側のほうにあるため、血液も温められやすいです。

首や腰を温めることによって全身の血行がよくなり、体を効果的に温めることが出来るので、首と腰の保温がお勧めです。

カイロを貼るのであれば首や腰に貼りましょう。マフラーやスカーフ、ネックウォーマーなどを活用するのもお勧めです。

 

●着込むよりも隙間を作る

温かくする、というと何枚も着こんでしまう方がいます。体にフィットするものを何枚も着こむよりも、少し余裕のあるものを2枚程度着た方が温かくなることが多いです。

空気を含み、熱の出来る隙間を作るように意識しながら服装を考えてみると良いです。

一枚目は体にフィットするものを、二枚目は少し余裕のある厚めの素材のものを着るのがお勧めです。最近は発熱・保温効果などを持った繊維素材も多く出ていることから、そういいた衣類を着てみるのもお勧めです。

 

 

●日常生活では汗に注意

温かくするとはいっても、普段の生活で必要以上に汗はかかないように注意してください。汗をかくと汗の蒸発によって体が冷え、外気温はそれほど低くなくても寒冷アレルギーが出る場合があります。

 

屋内に入ったらカイロを外す、マフラーを取って首元から熱を放出するなど、こまめに温度調節し、汗をかかないための工夫も必要です。

 

 

こまめに温度調節をし、寒い季節を乗りきっていきたいですね。

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/21/22/43/winter-clothes-62309_640.jpg)

著者: 桜井さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寒冷に関する記事

しもやけとは異なる「寒冷アレルギー」の原因

  寒い冬でなくとも、からだにかゆみを感じたり、ひどくなると呼吸困難におちいる...

寒冷アレルギーの検査は問診から

  からだがかゆくなり、じんましんが出るといった、いわゆるアレルギーによく...


寒冷アレルギーの症状発生のメカニズム

  寒冷アレルギーになると、かゆみを生じ、ストレスに感じる人も多いのではな...

物理性アレルギーの一つ「寒冷アレルギー」の様々な原因

  寒冷アレルギーは、食物アレルギーやダニ・ノミのアレルギー、花粉症などといっ...

カラダノートひろば

寒冷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る