カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 逆子はなぜ帝王切開がすすめられるの?

妊娠・出産

逆子はなぜ帝王切開がすすめられるの?

赤ちゃん足とママの指

おなかの赤ちゃんは通常頭を下にした姿勢で過ごしています。しかし、健診の際、エコーで見た時に足が下になっている場合に「逆子ですね」と言われることがあります。

「逆子だと帝王切開になる」という話を聞いたことがあるという人も多いと思いますが、どういった理由から帝王切開になるのでしょうか。

 

産道の広がり方への影響

赤ちゃんが頭からおりて出てくる場合、体の中で一番大きな部分が先に出てくることになりますので、産道が十分に押し広げられ、後から出てくる体の部分もスムーズに通過することができます。先に足から出てきてしまうと広がり方が不十分になり、お産が困難になります。

 

臍帯(へその緒)の圧迫

先に足から出てきた場合、産道の広がりが十分でない為、頭が通過する時に臍帯が産道との間に挟まり、圧迫されてしまいます。臍帯では母体から赤ちゃんへの酸素の供給などを行っていますので、圧迫されることにより大変危険な状態になることが多いそうです。

 

子宮口付近で破水した場合

の危険性頭よりも小さくとがっている足などの部分で子宮を圧迫されることにより、破水しやすくなる可能性があります。子宮口付近で破水した場合、本来なら栓の役割ができるはずの頭が上にありますので、羊水がたくさん流れてしまいます。また、臍帯が先に隙間から出てしまうこともあり、酸素供給に支障が出てしまい、大変危険な状態になってしまいます。

 

逆子であっても、お尻を下にしていたり膝を曲げた状態である時は、状況によっては経腟での分娩が可能である場合もあるそうです。しかし、上記のようなお産を困難にする状況に陥りやすいので、途中で帝王切開に切り替えることも少なくありません。

 

また、近年のお産に関する訴訟の増加などで、リスクをできるだけ避けるために帝王切開を選択するところが多いというのが現状のようです。もし最終的に逆子であっても、出産予定日が決まっているので気持ちの準備ができることなどいい点もありますので、前向きにとらえてお産に備えたいですね。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2010/04/25-036106.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-11-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

キレイに早く直したい!会陰裂傷の手術内容について

  会陰裂傷になった場合、その裂傷は自然に治ることはありません。 裂けたまま放置...

帝王切開を行うことによる母体・胎児への影響とは?前置胎盤・子供の肥満リスク上昇は本当?

帝王切開を行うことのメリットは、赤ちゃんに対する安全性の向上と共に、母体の『...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る