カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. それでも逆子が直らなかった場合の出産方法は?

妊娠・出産

それでも逆子が直らなかった場合の出産方法は?

 

カレンダー

 

 

それでも逆子が直らなかった場合の出産方法は?

 

さかご体操もした、体も温めた、赤ちゃんにお願いもしてみた、それでも逆子が直らないケースもあります。その場合、病院と相談して出産の予定を立てていくことになります。出産までの流れはどのようになるのでしょうか。

 

 

○帝王切開を検討~手術まで
32週ごろでも逆子である場合、帝王切開での出産を視野に入れ始めます。頭位に戻る可能性もありますので、経過を観察しつつ医師と相談しながら計画を進めていきます。混んでいる病院では早ければ34週ごろから手術の予定日を決定していくようです。手術日までに1週間ごとに赤ちゃんの状態を確認します。それでも直らなければ37週から38週の間くらいに手術が行われます。予定日より早い週数で行うのには、あまり予定日に近くなると、自然に分娩が始まってしまうかもしれないという理由もあるようです。

 

○経腟分娩が可能なケースも
病院の方針によっては経腟での分娩という選択ができるケースもあります。赤ちゃんがお尻から出てくる単殿位であること、赤ちゃんがあまり大きくないこと、お産中トラブルがあった場合すぐに対応できる施設がある場合などの条件があります。中には、逆子でもよっぽど状況が悪くない限り経膣分娩を行うという、自然派な産院も存在するようなので、気になる人は調べてみるといいかもしれません。

 


帝王切開には、見方を変えれば良い点もあります。予定日が決まっているので、立ち合いの予定など準備を整えやすいこと、母体の体力の消耗が少ない(個人差があります)ことなどです。どのような出産方法であれ、ママと赤ちゃんが無事に元気で対面できればとても喜ばしいことですね。

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2009/11/09-030286.php]) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

事前に会陰を切開?!知っておきたい会陰切開の理由について

女性が出産すると言うことは、お腹の中で育った赤ん坊を外に出すために分娩すること...

帝王切開を行うことによる母体・胎児への影響とは?前置胎盤・子供の肥満リスク上昇は本当?

帝王切開を行うことのメリットは、赤ちゃんに対する安全性の向上と共に、母体の『...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る