カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. タイミング法 >
  5. 男の子?女の子?産み分けを考える場合のタイミングとは?

妊娠・出産

男の子?女の子?産み分けを考える場合のタイミングとは?

 

産み分けを考える場合のタイミングとは

 

生まれてくる赤ちゃんの性別が男女どちらであるかというのは、親にとって気になることの一つでしょう。男の子と女の子、どちらかを希望していた場合であっても、実際に産まれた我が子に対面した瞬間、性別など関係なく愛しいと感じることがほとんどかと思います。2人目、3人目を考えている人にとっては、「同じ性別で一緒に遊ばせたい」とか「1人目とは違う性別がいいな」のような希望を持つ人もいるでしょう。

 

産み分けを考える場合は、どういったポイントがあるのでしょうか。


●成功率100%の方法は無い
様々な産み分け法がありますが、必ず成功するというものは無いそうです。産まれた赤ちゃんがどちらの性別であっても変わらず愛情を持って育てられるという自身がなければ挑戦しないほうがよいでしょう。

 

●性別を決めるのは精子側
精子にはXX染色体を持ったものとXY染色体を持ったものが存在します。XX染色体を持ったものが卵子と受精すると女の子、XY染色体を持ったものだと男の子が産まれます。

 

●それぞれの性質によって変わるタイミングの取り方
XY染色体を持ったY精子は、アルカリ性に強く量も2倍近くと多いです。XX染色体を持ったX精子は、酸性に強いという特徴があります。排卵日が近づくと普段は酸性よりの膣内がアルカリ性よりになってきます。また、セックスで女性がオルガスムスに達すると膣内にはアルカリ性の物質が分されるとみられています。これらを踏まえてタイミングをとることで産み分けが成功する確率があがるのではと思われます。

 

・男の子を希望する場合
排卵日当日にタイミングをとる。女性ができるだけオルガスムスを感じるように心がける。

・女の子を希望する場合
排卵日の2日前までにタイミングをとり、それ以降は行わない。女性ができるだけオルガスムスを感じないように心がける。

 


どちらの性別であっても、命を授かるというのは素晴らしい出来事です。もしそうなったらいいけど、違ってももちろん構わないというぐらいの気持ちで、トライしてみるのがいいかもしれません。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/01-350814.php])

 

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

タイミング法に関する記事

「排卵誘発」FSH注射とHMG注射の違いは??

  排卵誘発で使われる注射。ただなんとなく打たれていませんか? 自分の体のために...

【タイミング法】注射による排卵誘発剤ってどんなものがあるの?

不妊治療では最初のステップとしてタイミング法を試します。この時、病院では排卵誘...

タイミング法の体験談

エコーで卵胞チェック。たまごが育ってない・・

我が家では必ず常備しているもののひとつに卵ちゃんがあります。なににでも使えるし、お弁当にも重宝される...

排卵検査薬で排卵のタイミングをつかむ

3人目のこどもを妊娠したともだちに排卵検査薬をすすめられたため、こちらを購入して数ヶ月前につかってい...

カラダノートひろば

タイミング法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る