カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 胎教 >
  5. キックゲームでお腹の赤ちゃんと遊ぼう

妊娠・出産

キックゲームでお腹の赤ちゃんと遊ぼう

靴下

胎教というと、胎児のころから教育を施すことで天才児にする…というようなイメージをもつ人もいるかもしれませんが、本来の目的は赤ちゃんとのコミュニケーションを通して母親の母性を育てたり、赤ちゃんに安心感を与えたりするためのもののようです。

 

キックゲーム

胎教が行われた赤ちゃんは、育てやすい子になる、言葉を早く覚えるなどの傾向があるとの見解もあるようです。

胎教のなかの一つに「キックゲーム」というものがあります。お腹のあかちゃんとのやりとりを楽しむものです。妊娠6か月を過ぎたころから始めましょう。 

 

遊びかた

<ステップ1>

リラックスして座ります。部屋は静かなほうがいいでしょう。赤ちゃんがお腹を蹴ってきたら、赤ちゃんの蹴ってきたところを「キック!」と大きな声で言いながら軽くポンとたたきます。そのあと、赤ちゃんが同じところを蹴り返してくるのを待ちます。すぐに蹴り返してくる子、しばらく経ってから蹴り返してくる子など、反応はその子によって様々なようです。

 

<ステップ2>

ステップ1で赤ちゃんが蹴り返してくるようになったら、今度は蹴ってきたところの反対側を「キック」と大きな声で言いながらポンと軽くたたきます。たたいたところを蹴り返してくるようになったら、上や下など他の場所でも試してみましょう。

 

<ステップ3>

ステップ2もできるようになったら、今度は「ふた~つ」と大きな声で言いながらお腹を2回たたきます。赤ちゃんも2回蹴り返してきたら大成功!かなり難易度が高いですが、もしできるようになったらみっつ、よっつと数を増やしてみるのもいいでしょう。

 

 

ほとんどの場合、反応するようになるには時間がかかるようです。胎動があり、赤ちゃんが起きているなと思う時にやってみると反応を得られやすいです。気長に2週間ほど続けてみるのがいいようです。反応がなくてもあまり気にせず、赤ちゃんのことを思う時間として、気楽に行ってみるといいと思います。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●胎動が激しいうちは、まだ陣痛は来ないの?胎動とお産の兆候は関係あるの?

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/]) 

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胎教に関する記事

こんな簡単でいいの!?妊娠中の生活で注意したい「胎教によくないこと」

お腹の赤ちゃんへの愛情・期待から胎教に熱心な人もいるでしょう。   何を...

胎教はママのストレスを軽減することと一緒?"赤ちゃんがお腹の中から分かること"

ママのおなかの中にいるときからはじめる胎教ですが、実はそれほど難しいものでは...

胎教の体験談

胎児は天才?妊娠がわかった時点から話しかける?!胎教の効果

胎教の本を頂きました。 その本によると、赤ちゃんの耳が聞こえてくるよりも前の妊娠がわかった時点...

音と色を楽しむ♪胎教にも産後にもおすすめ絵本

お腹の中の赤ちゃんも、耳が聞こえてくるようになります。 どうコミュニケーションをとっていいのか分か...

カラダノートひろば

胎教の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る