カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. その他 >
  6. 高齢者のトイレをサポート~腰掛便座の選び方

介護・認知症

高齢者のトイレをサポート~腰掛便座の選び方

 

高齢者の排泄をサポートする腰掛便座を選ぶ際には、自宅のトイレの形状・広さ・高齢者の身体機能・介護者の負担などを勘案する必要があります。

腰掛便座を選ぶポイントを、種類ごとにまとめました。

 

 

据置式便座

和式便器の上に置き、洋式便器に変換するタイプです。

フラットな床に埋め込まれた和式便器用のもの、一段上がった場所にある和式便器用のものがあります。しっかり固定できて、ぐらつかないかが大切です。

設置時に配管が邪魔にならないか確認をしておきましょう。

 

 

補高便座

洋式便器の上に設置して、高さを補うものです。

高さが出すぎて、足がぶらぶらしないよう配慮してください。設置した時の高さと、高齢者のヒザ下の長さを合わせるのが重要です。

固定式と取り外し型があります。同居する家族の有無、設置の手間などを考慮すると良いでしょう。

 

 

立ち上がり補助便座

電動・スプリングなどの動力で便座を昇降させるタイプです。

垂直に昇降するタイプ、高齢者を前に押し出すように傾斜をつけて昇降するタイプがあります。

傾斜昇降タイプは、立ち上がりや介助が楽ですが、滑り台のように傾斜がつくので、ずるずるとお尻が滑ってしまう危険もあります。

トイレのスペースが狭い場合も不向きです。

 

 

ポータブルトイレ

居室・寝室に置く、移動式の簡易トイレです。

ポータブルトイレごと転倒しないよう、安定性が第一です。

可動型の手すり、洗浄機能、便座温め機能などがついているタイプもあります。

居室に置くことを考え、違和感がない家具調のもの、臭いが漏れにくいものを選ぶのも1つのポイントでしょう。

ポータブルトイレは、排泄物を捨てて洗浄する必要があります。介助者の使いやすさも大切です。

 

 

トイレは1日に何回も使います。高齢者と介助者ともに負担が軽くなるものを選びましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/06/21-022776.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高齢者の排泄トラブルの原因は?

  高齢者と介護する家族を悩ませる排せつの失敗は、なぜ起こるのでしょうか?...

福祉用具も介護保険で賢く購入!~基礎知識編

  高齢者の在宅生活をサポートする福祉用具は、介護保険によるレンタルのほか...


居宅介護でのポータブルトイレの使い方とちょっとしたコツ

  高齢者の自立した排泄を助けるポータブルトイレの使い方には、コツがいくつ...

慌てないで!高齢者の急変と対処法

在宅で高齢者を介護している家族にとって、急な体調の変化は恐ろしいものです。いざ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る