カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. その他 >
  6. 足腰が弱い高齢者のトイレをサポート!型と材質で選ぶポータブルトイレ

介護・認知症

足腰が弱い高齢者のトイレをサポート!型と材質で選ぶポータブルトイレ

 

足腰が弱り、トイレまで行けなくなった高齢者の排泄を助けるのがポータブルトイレです。ポータブルトイレの型と材質、それぞれの特徴をまとめました。

 

 

標準型・プラスティック製

最も多く出回っているのが、背もたれと肘掛けがついたプラスティック製のポータブルトイレです。

軽くて移動に便利で、掃除しやすいため、扱いが簡単です。比較的安いというメリットもあります。コンパクトなものが多いので、置く場所を選びません。

ただ、材質がプラスティックなので軽くて不安定だという一面もあります。

体重をポータブルトイレにしっかりかけて移乗する際に、転倒の危険があります。高齢者の身体能力を考慮して検討してください。

背もたれ肘掛け付きの標準型のほか、通常の便器と同じような形態のスツールタイプもあります。よりコンパクトで扱いは楽ですが、自分でスムーズに立ち座りができる高齢者でないと、使いづらいでしょう。

 

 

コモード型・金属製

金属製のフレームに、蓋付き便器がついているものです。座面の高さを微調整でき、安定が良いので、高齢者の体格に合わせて使いやすいメリットがあります。左右についているアームは可動式で、どの方向からも座りやすくなっています。

 

 

ベッドサイド設置型・スチール製

ベッドの端に座った高齢者が、スムーズに横移動して便座に座れます。付属の手すりも、移乗を助けます。キャスターが付いているものは移動も楽ですが、使用時に滑らないよう、ストッパーを忘れないでください。

 

 

椅子型・木製

居室に置いても違和感がない、家具調の木製タイプです。

どっしりしていて安定感があるため、つかまってもぐらつきにくいのが特徴です。普通の椅子として兼用できるものもあります。

やや高価で、設置にスペースが必要です。木製なので、手入れのしやすさ、臭いなど衛生面で問題がないものを慎重に選びましょう。

 

 

それぞれの型・材質には長所・短所があります。何を重視するかを初めに決めておくことが大切です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/26-375629.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高齢者のトイレをサポート~腰掛便座の選び方

  高齢者の排泄をサポートする腰掛便座を選ぶ際には、自宅のトイレの形状・広...

高齢者の排泄トラブルの原因は?

  高齢者と介護する家族を悩ませる排せつの失敗は、なぜ起こるのでしょうか?...


福祉用具も介護保険で賢く購入!~基礎知識編

  高齢者の在宅生活をサポートする福祉用具は、介護保険によるレンタルのほか...

居宅介護でのポータブルトイレの使い方とちょっとしたコツ

  高齢者の自立した排泄を助けるポータブルトイレの使い方には、コツがいくつ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る