カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. その他 >
  6. ポータブルトイレ選びは、ここをチェック!

介護・認知症

ポータブルトイレ選びは、ここをチェック!

 

ひと口にポータブルトイレと言っても、機能・材質・型はさまざまです。何に着目し、何を重視すれば良いのかという、選び方のポイントをまとめました。

 

ポータブルトイレ選びの前に

◆まずは置き場所を決める

「どんなポータブルトイレを選ぶか」は、「どこにポータブルトイレを置くか」が決め手になります。

設置場所によっておける大きさが決まります。どこに設置すれば高齢者にとって最善かを購入前に決めましょう。

 

◆高齢者の身体機能をチェック

麻痺の有無、姿勢保持の可否、体の大きさによって使えるポータブルトイレが異なります。改めて高齢者の身体状況を把握してください。

 

 

ポータブルトイレ選びのポイント

◆安定感

何よりも重要視したいポイントです。ぐらつきがあると、ポータブルトイレごと転倒してケガにつながります。座る際にはどの部分につかまり、どの方向から力がかかるのかも確認してください。座位が不安定なら、背もたれに寄り掛かった時の安定感も大切です。

 

◆高さ

小柄な体格の人も多い高齢者では、ポータブルトイレが高すぎて足がぶらぶらしてしまうことがあります。楽に移動できるよう、高さ調節ができるタイプが便利です。

 

◆肘掛け・手すり

肘掛けや手すりは、高齢者が横に倒れないよう、移乗時につかまるために必要です。しかし邪魔になることもあるので、取り外しや跳ね上げができる肘掛け・手すりだと使いやすいでしょう。障害や介護の度合いが進んでも、対応しやすくなります。

 

◆角度調節

背もたれの角度、ポータブルトイレ全体の角度が調節できるタイプが使いやすいでしょう。高齢者が座位を保持し、立ち上がりが楽な角度があります。便座からずり落ちたりしないよう、角度を替えられるものがお勧めです。

 

◆介護者の視点で

消臭機能・タンク掃除のしやすさといった介護者の視点も大切です。

排泄物の始末は、1日に何度もあることなので、精神的・肉体的負担が軽くなるようなものが良いでしょう。キャスター付きで移動がしやすいというのも、ポイントです。

 

 

設置する場所に適した大きさで、高齢者の身体機能に応じた微調整ができるポータブルトイレが便利です。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/06/07-002393.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高齢者のトイレをサポート~腰掛便座の選び方

  高齢者の排泄をサポートする腰掛便座を選ぶ際には、自宅のトイレの形状・広...

高齢者の排泄トラブルの原因は?

  高齢者と介護する家族を悩ませる排せつの失敗は、なぜ起こるのでしょうか?...


福祉用具も介護保険で賢く購入!~基礎知識編

  高齢者の在宅生活をサポートする福祉用具は、介護保険によるレンタルのほか...

居宅介護でのポータブルトイレの使い方とちょっとしたコツ

  高齢者の自立した排泄を助けるポータブルトイレの使い方には、コツがいくつ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る