カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 高齢者のトイレ問題、家族ができる対策って?

介護・認知症

高齢者のトイレ問題、家族ができる対策って?

高齢者の自立した排泄を助けるポータブルトイレの使い方には、コツがいくつかあります。

安全かつ衛生的に使うために注意したいポイントをまとめました。

 

ベッドからポータブルトイレへの移乗(介助が必要な場合)

まずは転倒防止のため、布団や毛布をしっかりまくり、体に絡みつかないようにします。

高齢者にベッドの縁へ腰掛けてもらい、ベッド側の肘掛けや手すりを跳ね上げ(または取り外し)ます。ここまでしっかり体勢を整えてから、移乗します。

可能なら、手すりにつかまって自力で座ってもらいます。

介護者が向かい合って抱きかかえるように移乗させる方法もあります。

 

脱衣

移乗の途中、あるいは移乗してから改めて着衣を下ろします。

不安定な姿勢では転倒する恐れがあるので、高齢者には手すりなどにつかまってもらいましょう。

ポータブルトイレは排泄物が跳ね返りやすいので、衣服が汚れないようしっかり着衣を下ろしてください。

 

拭き取り

汚れが皮膚に残ると肌トラブルの原因になるので、数回に分けて丁寧に拭いて下さい。専用のウェットティッシュを使っても良いでしょう。

腰を浮かしてもらい、介護者が横から拭くのが一般的です。その際に、着衣も上げます。

洗浄機能つきなら、座ったままでサッパリ洗えます。水分が皮膚に残ると蒸れるので、洗浄後に水分を拭き取ってください。

 

ちょっとしたコツ

・排泄物は小まめに後始末しましょう。

・タンクにあらかじめ少量の水を入れておくと、汚れの付着や跳ね返り防止になります。その際、消臭液も一緒に入れると良いでしょう。

・可能なら、ポータブルトイレをパーティションやカーテンで仕切るとプライバシーが守られ、高齢者も落ち着いて排泄できます。

 

その他にも部屋の温度、夜間の明かり、滑り止めマットの使用など、小さな工夫で快適性がグッと上がります。

 

高齢者のトイレ問題~家族ができる対策って?

高齢者が失禁などトイレの失敗をするようになったら、周りの人はどうすれば良いでしょうか?

手軽な対策と、望ましい対応をまとめました。

 

トイレに行きやすい環境づくり

もし高齢者の居室がトイレから離れているなら、できるだけトイレに近い部屋に移ってもらうことも検討してください。

トイレに手すりをつけると、便座に座る、衣服の着脱がスムーズにできて、高齢者も安心感を持ちます。介護保険を利用すれば、1割の自己負担で手すりを設置できます。

 

衣類の工夫

手先が関節疾患などの後遺症でこわばる、マヒがあって片手しか使えない場合には、簡単に下ろせるズボンを用意しましょう。

ボタンやファスナーではなく、面テープで開閉できるもの、ウエストにゴムが入っているものなら、片手でも簡単に下ろせます。

下半身が冷えるからと、ズボンやスカートの下に何枚も下着やタイツを重ね履きしている高齢者もいます。保温性の高い下着に替える、靴下やサポーターで足元を重点的に温めるなどして、枚数を減らしてみましょう。

 

責めない

トイレの失敗をしてしまう親や配偶者の姿を目の当たりにするのは、辛いものです。「しっかりしてほしい」という気持ちから失敗を責めたり、口煩くトイレに行くよう促してしまうかもしれません。

しかしほとんどの場合、加齢など本人には解決できないことが原因です。

トイレの失敗を隠す、プレッシャーから余計に失敗してしまうことも考えられます。

失敗してしまうという現実を家族が受け止め、高齢者に安心してもらう方が大切です。

 

トイレの失敗は、年を取れば誰もが直面する問題です。「そういうこともある」と、大らかな気持ちで構えましょう。

 

高齢者のトイレをサポート! 腰掛便座の種類を知ってますか?

腰掛便座は、高齢者の排泄の自立を助けます。

足腰が弱くなったり、トイレまで間にあわないことが多くなっても、腰掛便座を上手く活用すれば、オムツをせずに済むかもしれません。

腰掛便座の種類をまとめました。

 

腰掛便座の用途

今ある便器に設置して高齢者の排泄にまつわる動作が安全かつスムーズに行えるようにする、あるいはトイレまで行かなくても衛生的に排泄できるための用具です。

 

腰掛便座の種類

◆据置式便座

和式便器の上に設置すると、洋式便器として使えるようになります。

和式の便器に屈む動作が難しい高齢者でも、楽な体勢で排泄できます。

足腰の関節が痛む、中腰でバランスを取れないといった問題があれば、積極的に導入したい用具です。

和式便器から洋式便器に交換する工事が必要ないので、住宅改修よりも経済的負担が軽いメリットもあります。

 

◆補高便座

洋式便器の上に設置して、便座の位置を高くします。深く屈む必要が無いため、足腰の負担が軽くなり、立ち座りが楽になります。

 

◆立ち上がり補助便座

スプリング式・電動式など動力を有し、便座が昇降して高齢者の立ち座りを助けます。介助者の負担も軽減します。

便座が昇降する方向によって、2つのタイプがあります。垂直に昇降する「垂直昇降タイプ」、前に押し出すように傾斜をつけて昇降する「傾斜昇降タイプ」です。

トイレの広さや高齢者の身体状況を考慮して選びましょう。

 

◆ポータブルトイレ

寝室・居室に置いて使用する移動型の便器です。

トイレまでの移動が難しい場合に使います。プラスティック製のものが多く、排泄物を溜めるバケツが内蔵されています。

 

排泄の自立は、高齢者の在宅生活において大きなポイントです。

腰掛便座の購入には介護保険が適用され、介護者の肉体的負担も軽くなります。

高齢者の状態に応じた腰掛便座を取り入れてください。

 

これからの時代家族の介護は当たり前?男性介護者、負担軽減の為の工夫

家族の介護を担う男性は、さまざまな問題に直面します。少しでも肉体的・精神的・経済的負担を軽くするための方法をまとめました。

 

公的サービスをフル活用する

年配の男性には、「お上の世話にはならない」という考えや、介護サービスの知識不足から、高齢者の要介護認定すら申請していない人もいます。

介護を要する状態と認定されれば、介護サービスは当然に受けられるものです。

介護保険によるサービスは、自己負担1割で受けられます。介護や見守りを介護サービスに委ねれば、仕事がある男性介護者の助けになります。

高齢者の身の回りの世話が難しいのであれば、訪問介護の家事支援も依頼できます。

高齢者宅へ通い、食事作りや洗濯などを手伝っている男性介護者の負担が軽くなるでしょう。

 

自分の生活を守る

高齢者を介護するため、打ち込んでいた仕事や趣味を辞め、24時間体制で介護に臨む人もいます。しかし、外部との繋がりを自ら断ってしまうと精神的に追い詰められることもあります。仕事を辞め、経済的な問題も発生します。

できる限り、自分の生活は今までどおりになるよう、介護サービスなどを取り入れましょう。

介護サービスの利用も、高齢者の年金の範囲で考えるなど、自分の家計と区別をつける必要があります。気分転換になる趣味も大切です。

 

同じ立場の人を知る

地域ごと、またはインターネット上には「男性介護者の会」など、介護をする男性が悩みを相談し、気軽に雑談できる集まりがあります。

職場や友人には言えないことでも、同じ立場の男性同士なら、共感しあえることもあるかもしれません。直接会わなくても、インターネット上なら匿名でやり取りできます。

家族を介護した男性の体験談をまとめた本もお勧めします。

 

一歩踏み出して外部との繋がりを作ることが、男性介護者の助けになるでしょう。

 

慌てないで!高齢者の急変と対処法

在宅で高齢者を介護している家族にとって、急な体調の変化は恐ろしいものです。いざという時、どのような対応をとれば良いのかをまとめました。

 

嘔吐

食事中・食後に嘔吐して意識がある状態なら、のどに食べ物がつかえたり、食中毒などが考えられます。

 

意識がもうろうとした様子で、少量の嘔吐がみられるような場合、脳血管障害の可能性もあります。呼びかけに応じない、視点が定まらないようなら救急車を呼んでください。。

 

どちらの場合も、吐いたものが気管に詰まらないように口の中に残った吐しゃ物を掻きだし、倒れているなら頭を横にしましょう。

 

吐血

吐いた食べ物に血が混ざるくらいなら、胃が荒れているのかもしれません。多量の吐血があり、血圧が低下したり意識がハッキリしないようなら、救急車を呼びましょう。

嘔吐と同様に、倒れているなら顔を横向きにすると楽になります。

 

意識がもうろうとしている

呼びかけても反応がハッキリせずぼんやりとした表情なら、ここ数日間の様子を思い出してください。食欲があまりなく、水分の補給も十分でないようなら、脱水症状かもしれません。暑い時期なら、熱中症も考えられます。

 

急に意識障害が起こったのなら、脳血管障害の可能性があります。いずれにしろ、できるだけ早く受診して原因を明らかにしてください。意識がもうろうとしている時は、転倒に要注意です。

 

呼吸困難

心肺機能の低下が考えられます。喘息などの持病があれば、処方されている薬を素早く飲ませてください。ゆっくり、深く呼吸をするように誘導し、様子を見て病院へ急ぎましょう。

  

苦しそうな高齢者を前にすると、気が動転してしまうかもしれません。かかりつけの病院、夜間救急の連絡先などをメモして、分かりやすい場所に貼っておくのがお勧めです。 

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2011/10/24-352145.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

居宅介護に関する記事

訪問介護のサービス~基礎知識から生活援助の条件、気をつけたいトラブル

介護保険を利用した訪問介護には、身体介護・生活援助・通院のための介助がありま...

在宅介護で気をつけよう!高齢者のケア~着替え・お風呂などで気をつけたい事故やケガ

朝起きてパジャマから着替える、入浴後や汗をかいて清潔な衣服に替える、寒さや厚...


高齢者の靴選びや衣服選びのポイントは?

高齢者の入浴にはさまざまな役割と効果があり、生活の質を高めるうえで欠かせませ...

ショートステイ(短期入所)の基礎知識を知っておこう!いざという時に慌てないために

ショートステイ(短期入所)は、さまざまな事情から急遽入所が必要になった高齢者...

カラダノートひろば

居宅介護の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る