カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. ここに注意!高齢者の入浴で起こりやすい事故を知って注意しよう

介護・認知症

ここに注意!高齢者の入浴で起こりやすい事故を知って注意しよう

 

入浴は高齢者にとって大きな楽しみである一方、事故が起こりやすい場面です。入浴時に気を付けたい事故についてまとめました。

安全に入浴を楽しむため、事故を未然に防ぎましょう。

 

 

転倒

入浴で最も注意したい事故です。

脱衣所から浴室への段差、脱衣所・浴室の床や浴槽内でつまずいたり滑るなどして転倒します。

特に滑ると勢いがつき、転倒時の衝撃が大きくなります。裸だと衣類の保護もなく、骨折など大きなケガにつながりやすいのも入浴時の転倒で怖いところです。

 

 

血圧の急激な変化

体温が下がると血圧が上がり、体温が上がると血圧が下がります。脱衣所で裸になる、熱い湯船に浸かるなどして、入浴時の血圧は急激に変化します。

血圧の急上昇は脳出血など脳血管障害、のぼせの原因になり、急降下はめまいを起こします。

めまい、のぼせによって転倒する高齢者も多く、血圧の変化には気を配らなくてはなりません。

 

 

溺れる

残念ながら、入浴中に高齢者が溺死する事故は、後を絶ちません。命は助かっても、重篤な後遺症が残る恐れがあります。

ちょっと目を離したすきに溺れることが多く、介助が必要な高齢者よりも、1人で入浴できる高齢者こそ注意が必要でしょう。

 

 

やけど

年を取ると皮膚の感覚が鈍くなります。温度や痛みを感じにくくなり、高めの湯温でもそのまま入浴してしまう高齢者がいます。

入浴後に肌が真っ赤に腫れ、やけどをしていたことに気づく場合もあります。

熱さを感じにくいということは、やけどだけではなく、のぼせにも気をつけなくてはなりません。

 

 

以上のような事故につながる原因を見つけ、1つずつ解決しましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/01/12-032999.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

介助が内出血の原因になることも…高齢者介助の注意点!!

傷つきやすい高齢者の皮膚組織や毛細血管は、小さな衝撃でも内出血に至ります。高齢...

飲酒と認知症の危険な関係 飲酒が過ぎないようによく見てあげて!

  『酒は百薬の長』ともいいますが、飲酒が過ぎると害にもなります。特に高齢...


介護者の立場から シャワーチェアの選び方のポイント3つ

  高齢者が浴室で使うシャワーチェア(入浴用椅子)は、介護者の負担も軽減し...

高齢者の衣服は素材から選ぼう!服選びのポイントとは?

  生活の基本、「衣食住」に含まれている「衣」。衣服には体を守る、体温調節...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る