カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. 賢く使って安全な入浴を~浴室の福祉用具

介護・認知症

賢く使って安全な入浴を~浴室の福祉用具

高齢者の入浴には、転倒や溺れる事故への配慮が欠かせません。また、高齢者の入浴介助にはかなりの体力がいるため、介護者の負担も大きくなります。

 

入浴を楽にする福祉用具を紹介します。

 

シャワーチェア(入浴用椅子)

通常のシャワーチェアよりも安定感があり、倒れたり滑ったりしにくい作りになっています。背もたれや肘掛けが付いているタイプは、洗髪・洗身中の座位が不安定な高齢者におすすめです。

 

背もたれや座面が座ったままでも背中や臀部を洗いやすい構造になっているものなら、介護者の助けになります。

  

浴槽内椅子

浴槽に沈めて座るための椅子です。深さのある浴槽で高齢者が溺れる危険を軽減します。シャワーチェアよりもシンプルで、ガッシリした踏み台のような作りのものが主流です。

 

もう1つの使い方は、浴槽内と浴槽の外に設置して踏み台とするものです。浴槽に入る際の高低差を少なくするのが目的です。

  

浴槽内手すり

浴槽の縁に取り付けられる手すりです。浴槽への出入りに使います。浴槽を挟み込むように設置するもので、工事の必要がありません。

 

湯船に浸かっている間も手すりとして使えるため、溺れる危険を減らせます。

  

バスボード・移乗台

浴槽の端に渡して使う板状のバスボードは、浴槽への出入りに不安がある高齢者にお勧めです。

 

まずはバスボードの上に座り、そこからゆっくり浴槽に体を鎮められます。手すり付きのバスボードなら、自力での出入りをサポートできます。

 

移乗台は、浴槽内ではなく洗い場側に取り付ける台です。浴槽と同じ高さに合わせ、高齢者が一旦、移乗台に腰掛けてから少しずつ浴槽内に移動できます。

  

滑り止めマット

浴槽内で滑らないように敷くマットです。ゴムやシリコンでできていて、吸盤などでしっかり浴槽に固定します。 

 

入浴関連の福祉用具には、介護保険を利用して購入できるものもあります。安全な入浴のために、浴室の環境を整えましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

あおむけで寝たきりは危ない!?背部褥瘡になりやすい寝方、効果的な予防法

「背部褥瘡(はいぶじょくそう)」という病名を、聞いたことがあるでしょうか? い...

高齢者の皮膚を乾燥させない!おすすめ入浴法♪

  入浴は高齢者の皮膚を清潔に保つ一方で、皮膚にダメージを与え、乾燥を促進する...


スキンケアで高齢者の床ずれを防ぎましょう

  皮膚を清潔にして保湿を心がけることが、高齢者の床ずれ(褥瘡)予防には有...

ここに注意!高齢者の入浴で起こりやすい事故を知って注意しよう

  入浴は高齢者にとって大きな楽しみである一方、事故が起こりやすい場面です...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る