カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. 高齢者の入浴介助 全体の流れとポイント

介護・認知症

高齢者の入浴介助 全体の流れとポイント

 

自宅で高齢者の入浴を介助する際、どういった流れだとスムーズに、体を冷やさず、入浴できるでしょうか。気を付けたいポイントとともにまとめました。

 

 

入浴前の健康チェック

顔色が悪くないか、反応が鈍くないか、普段と変わった様子がないかチェックしましょう。いつも一緒に過ごす家族が、「何となくおかしい」と感じる時は、不調であることがほとんどです。

体調や血圧が不安定な高齢者なら、入浴前に体温と血圧を測定すると良いでしょう。血圧が高すぎるようなら、入浴を控えるようお勧めします。

入浴すると体内の水分が奪われます。先にコップ1杯の水を飲んでおくと安心です。

 

 

脱衣

冬なら脱衣所を温めておきます。体が冷えて血圧が急上昇するのを防ぐ効果があります。

服を脱ぐとき、特にズボンや下着を脱ぐときに体のバランスを崩して転倒しやすいので、つかまる場所、腰かけられる場所を用意しましょう。

 

 

洗髪・洗身

体にぬるめのお湯をかけ、軽く温めてから洗髪・洗身をします。泡で転倒しやすくなるので、シャワーチェアなどを利用して安全を確保してください。

陰部を洗う時は、手すりにつかまってもらい、中腰の姿勢で洗います。座ったまま洗えるシャワーチェアもあるので、身体状況に合わせて利用しましょう。

シワや皮膚が重なった部分には、老廃物や汚れが溜まります。特に念入りに洗ってください。

高齢者の皮膚はデリケートなので、こすり過ぎないよう注意が必要です。

 

 

湯船に浸かる

洗い場から湯船の出入りには、手すりやバスボードを活用して安全に移動しましょう。

湯温は40℃程度、熱すぎると血圧が急低下してのぼせの原因になります。高齢者の様子を見ながら、適度な時間で上がってください。

湯上りは、めまいやのぼせで転倒の危険が高まります。足元に気を付けましょう。

 

 

着衣・休憩

素早く水分を拭き取り、必要なら肌に保湿剤を塗ります。薄着のまま少し涼み、髪を乾かしたり水分補給をしてください。

高齢者にとっては、入浴もひと仕事です。体調の変化に目を配りつつ、ゆっくり休めるようにしましょう。

 

 

スムーズな入浴のためには、介護者の安全確保・健康も大切です。介護者自信も足元や体調管理に気を配り、水分補給をしっかりして入浴介助を行ってください。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/05/12-002093.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

あおむけで寝たきりは危ない!?背部褥瘡になりやすい寝方、効果的な予防法

「背部褥瘡(はいぶじょくそう)」という病名を、聞いたことがあるでしょうか? い...

介護者の立場から シャワーチェアの選び方のポイント3つ

  高齢者が浴室で使うシャワーチェア(入浴用椅子)は、介護者の負担も軽減し...


高齢者の介護で気を付けたい床ずれ ここに注意!

  高齢者の介護では、床ずれ(褥瘡)ができないよう、注意を払わなくてはなり...

窒息に注意!どんな食品に注意する?どう工夫すればいいの?

  のどにお餅などの食品をつまらせて窒息する事故は、その8割が高齢者や子どもが起...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る