カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. その他 >
  5. 体を冷やさないように手際よく!清拭に必要な準備

介護・認知症

体を冷やさないように手際よく!清拭に必要な準備

 

清拭は、体を冷やさないように手際よく行うことが大切です。そのため、事前に準備万端整えてから取り掛かってください。

正式に必要な道具、下準備についてまとめました。

 

 

準備するもの

全身清拭なら、タオルは4~5枚必要です。部位ごとに拭くタオルを替えます。

顔・上半身・下半身・陰部用で4枚、乾いたタオルも1枚あると便利です。

清拭用のタオルの作り方は、お湯を汲んで作る方法と、電子レンジを利用する方法があります。

 

◆お湯で作る

50~55℃のお湯を入れたバケツを、上半身用・下半身用の2つ用意します。火傷防止のためゴム手袋をはめてタオルをお湯に浸し、しっかり絞ります。

 

◆電子レンジで作る

水にぬらしたタオルを固く絞り、耐熱性の袋に入れて電子レンジで約3分加熱します。加熱時間は、機種によって加減が必要です。

 

タオルの温度管理にも気を配りましょう。清拭の間に冷めないよう、ビニール袋に入れてタオルにくるむと保温できます。

使う直前に、自分の腕の内側にあて、熱すぎないかの確認も忘れずに。

水やお湯に清拭剤を加えても良いでしょう。

清拭後は体温が奪われやすいため、着替えもあらかじめ用意しておきましょう。

 

 

環境を整える

入浴のようにじっくり体を温められないので、室温には注意してください。

22~24℃くらいが望ましいでしょう。冬は部屋を暖め、急激な体温低下による血圧の上昇を防ぎます。

体の冷えと高齢者の羞恥心に配慮して、カーテンを閉める、体にかけるバスタオルを用意するのも良いでしょう。

 

 

清拭を始めてから足りないものが出ないよう、清拭用の道具を一式そろえて収納すると便利です。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/06/10-363167.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

デジタル認知症を治す~スマホの使用時間を減らすのが一番の治療!

 スマホの使いすぎで脳の働きが衰え、記憶力や思考力が落ちるという認知症のような...

症状の軽重に応じて違う!床ずれの治療法

  もし床ずれ(褥瘡)ができてしまったら、どんな治療法があるのでしょうか。...


高齢者の死因上位~肺炎の基礎知識

  各年代の死因のうち、65歳以上で増えてくるのが肺炎です。65歳から79歳ま...

高齢者の夏バテの原因 環境編~エアコンの普及がストレスに?

高齢者の夏バテの主な原因は、高齢者の体がもともと弱っていることにありますが、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る