カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. ちょっとしたコツで効率よく清拭~下半身編

介護・認知症

ちょっとしたコツで効率よく清拭~下半身編

清拭の時に心がけたいちょっとしたコツを、下半身の部位ごとにまとめました。

 

下半身の清拭は、汚れ度合いや羞恥心に配慮しながら行わなければならないので、難しく感じるかもしれません。ポイントを押さえれば、手際よく進められるでしょう。

 

足先から足の付け根に向かって拭いていきます。太ももなどは面積が広く、体温が奪われやすい部位です。拭く法の足だけ露出させ、もう片方はバスタオルや毛布で覆いましょう。

 

基本は、膝を曲げて足を立てる姿勢です。足を持ち上げたり角度を変える際には、かかとを下から支える、膝の裏に手を入れると安定します。

 

大きく拭き上げながら、膝周辺は円を描くようにマッサージもかねてタオルを動かしましょう。大腿部の付け根、膝の裏側は汗や汚れが溜まりやすい場所です。

  

臀部

背中を拭くため側臥位になった時に拭くと、体位変換の回数が少なくて済みます。円を描くように拭き、臀部の割れ目は特に丁寧に汚れを取ります。

 

床ずれ(褥瘡)の前兆でもある皮膚の赤みがないか、あわせてチェックしましょう。

  

陰部

デリケートな部位ですが、しっかり汚れを落としたい部位でもあります。もし高齢者が自分で拭けるなら、タオルを渡してお願いしましょう。

 

陰部の粘膜、皮膚は傷がつきやすく感染症をおこしやすいので、1回ごとにタオルの面を替え、優しく拭きます。

 

女性は膀胱炎・尿路感染症にかかりやすいため、シワの奥まで丁寧に汚れを取ります。男性は、陰部から肛門までの間も忘れずに拭きましょう。

 

下半身は冷えやすく羞恥心もあるので、バスタオルや毛布で覆いながら拭いてください。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

高齢者の入浴は血圧に要注意!

  冬になると、入浴時に脳出血などを起こして救急搬送される高齢者が増えるそ...

高齢者が安全に入浴を楽しむための対策集

  大きなケガにつながることもある、入浴時の高齢者に起こりやすい事故を防ぐ...


日常生活でも危険?気をつけて、高齢者の入浴でのヒートショック

  高齢になると特別に何か対策をしてきていない限り、体の機能はどんどん低下して...

加齢で変化する身体に合わせたデザインを 高齢者の衣服選びポイント

  高齢者の衣服選びでは、加齢で変化する身体に合わせたデザインが大切です。...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る