カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 感染率10%超え!?クリプトスポリジウム症とは?触ってもいけない毒キノコ「カエンタケ」!飲みかけのペットボトルの中は菌が大量繁殖!

気になる病気・症状

感染率10%超え!?クリプトスポリジウム症とは?触ってもいけない毒キノコ「カエンタケ」!飲みかけのペットボトルの中は菌が大量繁殖!

 

クリプトスポリジウム症とは、牛や豚などの家畜、犬や猫、ねずみなどの動物の腸管に常在菌として存在しているクリプトスポリジウム原虫によって引き起こされる消化管感染症です。従来はこれらの動物の腸管寄生虫原虫として知られていたものですが、1976年になって人での感染がはじめて報告されました。

 

 

クリプトスポリジウム症はどんな感染症?

上記のような動物に寄生している原虫が、嚢胞体あるいはオーシストという球体の袋状の形で、飲食物を介して経口摂取によって人に感染します。この原虫が小腸の腸管上皮細胞の微絨毛に侵入し、分裂・増殖することによって症状が現れます。

クリプトスポリジウム症は全世界で見られるもので、年齢による差や性別によるかかりやすさの差はありません。日本でも水道水やプールにおいて集団感染が起こったことがありましたが、アフリカや中南米など感染率が10%を超える国もあります。

 

クリプトスポリジウム症の特徴

自然環境の中でクリプトスポリジウム原虫は嚢胞体の形で存在しています。クリプトスポリジウム原虫は-20度以下の環境で30分、あるいは、常温の乾燥した環境で1日から4日で感染力を失ってしまいます。滅菌の方法としては乾燥、または70度以上の加熱によって効果を得られます。

 

感染すると

人の体にクリプトスポリジウム原虫の嚢胞体が摂取されると、潜伏期間が3日から10日で症状が出ます。健常者の場合、無症状で自然治癒してしまうこともありますが、免疫機能が低い人が感染すると慢性化や重症化の危険があります。また、初めて感染したときには比較的症状が重くなる傾向がありますが、半年から1年以内の再感染のときには症状が軽くなるか、症状を感じることなく過ごしてしまうこともあります。

 

 

日本での感染例は、集団発生のような特別な例を除くと、海外旅行者やHIV感染者、獣医学の関係者が多く、一般の感染は多くありません。

 

触ってもいけない毒キノコ「カエンタケ」!見つけたら食べず、触らず、連絡を!

奈良、山形、京都、これらの場所で見つかっている猛毒のキノコがあります。カエンタケという毒キノコで、食べるたけではなく、触れるだけでも、触れた場所に炎症などが起こるため、注意喚起がされています。

 

キノコ狩りなどが増えていく季節です

毒キノコなんて自分の生活には関係がないと思われるかもしれません。しかし、これから本格的に秋になっていくにつれ、キノコ狩りなどのレジャーで、山に入る機会も増えていきます。

キノコが生えているような場所に行く前に、カエンタケの注意点について知っておきましょう。

 

カエンタケを見つけたら、「触らない!」

もちろんカエンタケは食べてはいけません。

というよりも、カエンタケというのは見た目では、食べられるという感じはしません。キノコというよりも、棒のような形状をしていて、見た目も赤やオレンジといった非常に派手なものです。なかなか、これを食べようという気持ちにはならないと思います。

一方で気をつけなければいけないのが、触ってもいけないということです。

カエンタケは猛毒で、触れるだけで炎症をおこしたり、触れた部分がただれたりする可能性があります。

それを知らないお子さんが、「きれいなのが生えてる!」と触ってしまう可能性もありますので、注意して下さい。

 

見つけたら連絡を!

もし山の中に入ったときにカエンタケを見つけたら、むやみやたらに触らず、保健所や市に連絡しましょう。

もしその土地を管轄している会社や、土地の所有者の方がいる場合には、その会社やその方に報告をし、保健所や市に連絡をしてもらいましょう。

見つけた場合そのままにするのではなく、危険を知らせて他の人が被害に遭わないようにすることも重要です。

 

 

カエンタケは夏から秋が発生時期ですので、これからの季節も油断できません。山の奥の方だけではなく、人が通るハイキングコースでも発見されていますので、よく知った上でレジャーに出かけることが必要です。

1mLに6億個の菌が繁殖!飲みかけのペットボトルの中は菌が大量繁殖しています!

ペットボトル容器は便利なのですが、それが害になる可能性があるのを知っているでしょうか。夏は水分補給のために、ペットボトルを持ち運ぶことが多くなります。

そのため、ペットボトルの害について、よく知っておきましょう。

 

飲みかけのペットボトルの中は菌だらけ!?

そもそも口の中には、虫歯の原因になる虫歯菌などの細菌が300種類ほどいるとされています。そのため、口をつけて飲むペットボトルの場合、その菌がペットボトル内に移動してしまうのです。

元々口の中にあった菌だから大丈夫なのではないかと思うかもしれませんが、口の中の菌というのは唾液の働きによって活動を制限されています。

これに対してペットボトルの中というのは、唾液の働きがない上、細菌が繁殖するために必要な水分や栄養が豊富にあります。そのため細菌が増殖してしまうのです。

 

カフェオレは6億/mL!?

ある実験では口をつけて飲んだペットボトル飲料(水・緑茶・カフェオレ)を、25度の環境下に24時間おいておきます。

その後、ペットボトル内の菌の数を調べてみると

・水は1600個/mL

・緑茶は10個以下/mL

・カフェオレは6億個/mL

という結果でした。

一方同時に、直接口をつけず、コップに注いで飲んだペットボトル(水・お茶・カフェオレ)については、いずれも10個以下/mLだったそうです。

 

また他の実験ですが、スポーツドリンク、麦茶、ミルクコーヒーのペットボトル飲料を用いて実験をしています。これにおいては4時間後にミルクコーヒー内の菌が増殖をはじめ、24時間後には1600万個の細菌になっていました。

また、麦茶は最終的に50万個の菌に増殖しているのが認められました。一方でスポーツドリンクはほとんど数値が変わらなかったそうです。

 

なぜ緑茶とスポーツドリンクはあまり菌が増殖しなかった?

上記を見ると緑茶とスポーツドリンクに菌の増殖があまり見られません。これには以下の理由があります。

緑茶の場合、カテキンに菌の増殖を抑える作用があるため、あまり菌が増殖しなかった。

スポーツドリンクにおいては酸度が強く、そもそもの環境が菌が繁殖しにくい環境だった。

ということのようです。

 

ただし、緑茶だから、スポーツドリンクだから大丈夫というわけではありません。環境の違いや放置する時間によっては、当然ながら簡単に菌が繁殖します。

特に夏のペットボトル飲料は出来る限りはやい時間で飲み切るか、冷所に保存するかした方が安全です。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/08/28-368139.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食中毒に関する記事

カンピロバクターの治療はどんなふうに行うの?鶏肉はキケン?!ギラン・バレー症候群との意外な関係

食中毒の一種であるカンピロバクターでは発熱や下痢、場合によっては血便などの症...

辛い食中毒の治療法とは?飲食店での食中毒の対処は?初期症状に気付きにくい旋毛虫感染について

食中毒になると、とても辛い症状に見舞われます。 体内から菌を排出しなければ...


作りおきに注意!食中毒の予防法!普通の加熱調理で死なない?乳製品 長期保存が招く食中毒とは

シチューや煮物、ソース、ポテトサラダなど、ついつい沢山作って作りおきしてしま...

流すときに注意が必要!トイレで感染が拡大する?! ノロウイルスの感染の仕方 食品汚染や飛沫感染

近年、毎年冬に流行するノロウイルスですが、トイレで感染することが多いことがわ...

カラダノートひろば

食中毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る