カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

アレルギー

温熱アレルギーと運動

ase.jpg

温熱アレルギーと運動の関係について見ていきましょう。

●運動と温熱アレルギー


運動によって温熱アレルギーの症状が出る場合もあります。
運動をすると体が温まります。
運動をすることによって、血行が改善され体温が上がるからです。
体温が上がるということは当然皮膚の温度も上がるため、場合によっては温熱アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

●運動とコリン性蕁麻疹


温熱アレルギーと間違われやすいものが、汗がアレルゲンとなっているコリン性蕁麻疹です。
運動によって蕁麻疹が出るという場合、温熱アレルギーとコリン性蕁麻疹のどちらかである可能性があるので、詳しく検査しなければなりません。
コリン性蕁麻疹だけで温熱アレルギーがない場合は、汗のケアをしっかり行うことで蕁麻疹を防ぐことが出来ます

●運動がダメというわけではない


温熱アレルギーやコリン性蕁麻疹であっても、よほど重度でない限り運動がダメというわけではありません
ただ、温熱アレルギーの場合は過度な運動は避ける、コリン性蕁麻疹の場合は運動の途中で汗をまめに拭くなどの気配りが必要となります。
運動自体はストレス解消や良い健康効果をもたらすので、アレルギーを持っていても軽度の運動はした方が良いと言えるでしょう。

 
(Photo by //www.ashinari.com/2011/12/01-354139.php)
 

著者: 桜井さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

蚊アレルギーの症状

蚊に刺されると、誰でも皮膚が腫れたりします。ですが、その症状がいつまでも収まらな...

温熱アレルギーの方にお勧めの肌ケア方法

温熱アレルギーの方におすすめの肌ケアについて紹介します。●乾燥肌を防ぐアレルギー...


温熱アレルギーの方の入浴方法

温熱アレルギーを持っている方の中には、お風呂から出ると必ずと言っていいほど蕁麻疹...

心因性アレルギーを回避するストレス解消方法

心因性アレルギーの原因は心理的負担にあると言われています。何らかの状況でストレス...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る