カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. 子供は嘔吐、大人は下痢が多い!ノロウイルスの様々な症状

気になる病気・症状

子供は嘔吐、大人は下痢が多い!ノロウイルスの様々な症状

 

小さい子供や高齢者がノロウイルスにかかり、死亡するという事例を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。食中毒を引き起こすノロウイルスは感染した人の免疫の状態によって、症状のあらわれ方が異なります。

 

 

免疫機能が正常に働いている人の場合

免疫機能が正常に働いていれば、ノロウイルスに感染したからと言って重篤化するということはあまりありません。ノロウイルスが体内に入ってから症状が引き起こされるまでの潜伏期間は1日から2日程度です。発症した時の主症状は以下のようなものです。

・吐き気

・嘔吐

・腹痛

・下痢

・発熱

症状のあらわれ方としては、突然、吐き気やおう吐といった症状を発症し、それに続いて下痢や腹痛と言った症状があらわれるといったことが特徴です。発熱はないこともありますが、あったとしても高温になることはあまりありません。血便が見られることもありません。

 

子どもは嘔吐 大人は下痢

子どもの症状には嘔吐が多く成人になると下痢症状が見られることが多くなり、これもノロウイルスによる食中毒の特徴のひとつです。これらの嘔吐や下痢の症状は1日あたり数回程度の場合もありますし、十数回という場合もあり、感染したノロウイルスの強さや、感染者の体調および免疫力の状態によっても左右されます。

 

脱水症状

全体として症状は比較的短期間でおさまってしまいます。しかし、下痢症状が続くと知らない間に体が脱水状態になって言えることがあるので、水分補給などをして対策をすることが必要です。

 

無症状の場合も

ある程度年齢が大きくなった子どもや成人の場合、ノロウイルスに感染しても、その種類によっては症状が出ない不顕性感染で終わってしまう場合もあります。逆に小さい子供や高齢者の場合は、症状が出る期間が長引くこともあります。

 

 

症状が出ても多くの場合は数日で回復でするので、症状がひどくない、あるいはひどくならない限り、家で安静にしていることが必要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/03/03-034339.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

水分補給が大切!ノロウィルス食中毒の対処法

  近年、日本で発生する食中毒の中でもっとも多いノロウィルスによる食中毒。...

ノロウイルス予防4箇条!

  ノロウイルスに1度感染したからと言って、過剰に安心していないでしょうか。一...


2016年以降のノロウイルス流行状況は?食品汚染や飛沫感染に注意を

近年(2016年第3週(1/18~1/24)時点)の国立感染症研究所が発表し...

二次感染にも注意!ノロウイルスの感染の仕方

  ノロウイルスの感染源として最も有名なのは、生ガキです。生ガキの他にもノロウ...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る