カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. 二次感染にも注意!ノロウイルスの感染の仕方

気になる病気・症状

二次感染にも注意!ノロウイルスの感染の仕方

 

ノロウイルスの感染源として最も有名なのは、生ガキです。生ガキの他にもノロウイルスに汚染された食品を口から摂取することで、食中毒にかかったり、ノロウイルスを含んだ飛沫物を体内に取り込んでしまうことによって、食中毒にかかります。

 

 

経口感染

ノロウイルスは様々な形で、原因となるノロウイルスが口から体内に侵入することによって感染します。特に経口感染というと、ノロウイルスによって汚染された飲料水や食べ物を摂取することによって食中毒を発症する場合のことを言います。冒頭の生ガキの例は有名ですが、それは日本で二枚貝を生で食べる習慣があるのはカキが主なものだからであって、他の二枚貝でも生で食べれば同じような食中毒が起こる可能性があります。

 

二次感染

最近注目されているのは、上記のように食べ物そのものに含まれるウイルスを摂取してしまう場合とは異なり、ノロウイルスに感染している患者からの二次感染です。

・接触感染

接触感染とは、何らかの経緯でノロウイルスに汚染された手などで、ドアノブ、調理器具、食品、衣類などを触ることによって他の人に感染が広がることがあります。最終的にはそのウイルスが何らかの形で口に入ることで、食中毒を発症するのですが、ノロウイルスはわずかな量でも感染してしまうため、こうした経路でも広がりやすいのです。

・飛沫感染

飛沫感染とは、ノロウイルス感染症を発症している状態の患者の吐しゃ物や、下痢便などが飛び散ることによって感染することです。ノロウイルスはごく小さな水滴になって1mから2mほど飛散することができます。この飛沫を吸い込むことで、体内にノロウイルスを取り込むこととなり感染します。適切に吐しゃ物や下痢便などを処理しなければ、飛沫が広がり、集団感染になることもあります。

 

 

ノロウイルスは、最初に経口感染、その後に二次感染として感染が広がっていく場合が非常に多いようです。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/08/23-367813.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

ノロウイルス~食中毒だけじゃない!~

    食中毒と言えば夏場に発生しやすいと言うイメージを持っている方は多...

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎の重症化を防ぐ「乳酸菌」パワー

  このところ、毎年流行し猛威を振るっているノロウイルスによる感染性胃腸炎。 ...


マスクと手袋必須!二次感染の危険が高い汚物処理の方法

  ノロウイルス二次感染の危険として、注意して行わなければならないのが、感染者...

ノロウイルス予防4箇条!

  ノロウイルスに1度感染したからと言って、過剰に安心していないでしょうか。一...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る