カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. 冬場に猛威をふるう!ノロウイルス

気になる病気・症状

冬場に猛威をふるう!ノロウイルス

 

ノロウイルスという言葉は非常によく知られるようになりました。ノロウイルスはその感染力の高さから、しばしば家庭内や施設内で集団感染を引き起こす、冬場には油断のできない食中毒です。

 

 

ノロウイルスとは

ノロウイルスについて食中毒の原因という印象を持っていない人もいるのではないでしょうか。実際、人から人へ容易に感染できるので感染症の側面は強いのですが、元々は生ガキなどの食べ物が原因となる食中毒の原因となるウイルスです。

ノロウイルス自体は球形で、その大きさは27ナノメートル~37ナノメートルと非常に小型です。1ナノメートルが100万分の1ミリメートルですので、本当に小さいのがわかります。実はこのウイルスがノロウイルスという名前で呼ばれ始めたのは最近で、以前はその大きさと形状からSRSV(小型球形ウイルス)と呼ばれていましたが、2002年に世界的に称号を統一しようということでノロウイルスという名前になりました。

 

死滅しにくいノロウイルス

ノロウイルスはなかなか死滅しにくいウイルスという点も大きな特徴で、殺菌効果のある塩素や熱に対して強い耐性を持っており、水道水に含まれるくらいの塩素では死滅しませんし、60度の温度で10分間加熱したとしても死滅しないというデータもあります。熱によってノロウイルスの滅菌をはかる場合は、85度で1分加熱する方法が有効だということです。

 

冬場に猛威を振るう

ノロウイルスによる感染は1年中みられているのですが、最も多いのは冬場で、11月から3月に多く見られます。全般的にウイルスは乾燥に強いものが多いため、冬場はウイルス性の感染症が発生しやすく、逆に夏場は細菌性の感染症が発生しやすいのです。これはノロウイルスも例にもれません。ただ、日本において考えると、冬場にノロウイルスの発症が多く見られる理由の一端には、冬場にノロウイルスの原因食品となる生ガキが多く出回るようになることもあるようです。

 

 

ノロウイルスは年々感染者が増加傾向にあるということで、ウイルス性食中毒として危険視されているウイルスです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/22-375214.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ノロウイルスに関する記事

2016年以降のノロウイルス流行状況は?食品汚染や飛沫感染に注意を

近年(2016年第3週(1/18~1/24)時点)の国立感染症研究所が発表し...

二次感染にも注意!ノロウイルスの感染の仕方

  ノロウイルスの感染源として最も有名なのは、生ガキです。生ガキの他にもノロウ...


ノロウイルスなどの感染性胃腸炎の重症化を防ぐ「乳酸菌」パワー

  このところ、毎年流行し猛威を振るっているノロウイルスによる感染性胃腸炎。 ...

ノロウイルスの予防には次亜塩素酸

  激しい腹痛や下痢、嘔吐で苦しむノロウイルスによる胃腸炎。 近年、感染...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る