カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

ノロウイルス予防4箇条!

 

ノロウイルスに1度感染したからと言って、過剰に安心していないでしょうか。一度ウイルスなどに感染すると自分の体の中に抗体ができるというイメージがある人はいると思います。たしかにノロウイルスでもそれがまったくないわけではないのですが、ノロウイルスの場合、ウイルスの型が多く、また、ノロウイルスが悪さをする場所である腸管内の免疫は完全には感染を防御できないということがあり、1度感染しても再び感染するということは十分にあります。

 

 

予防が大事

そのため、ノロウイルス感染に関しては予防に力を入れることが非常に大切です。免疫機能が低い小さい子供や高齢者がいる家庭はもちろんのこと、生活リズムが不規則であったり、ストレスを抱えていて、疲れているなという人もノロウイルスに感染しやすくなっていますので、予防策を講じることが必要です。

 

・手洗い

予防の中で最も重要で有効なのが手洗いです。ノロウイルスは口から体内に侵入することで感染し、その口に最も接触の機会があるのが手だからです。

 

・嘔吐物や便の処理

感染者の排泄物にはウイルスが非常に多く含まれています。しかもそれは感染者の体内で増殖したウイルスです。感染力の強いノロウイルスは、少しの量を摂取しただけでも感染しますので、注意が必要です。

 

・除菌消毒

二枚貝などの貝類は感染源になりやすい食材です。これらを家庭で調理する際は中まで十分に加熱します。このとき基本的には中心温度が85度で、この状態を1分間以上加熱した方が安心できます。また、これらの調理のとき、まな板などの調理器具の除菌消毒も忘れないようにしましょう。

 

・回復後

ノロウイルスに感染し、発症後、症状が治まっても数日間はウイルスが体の中から排出されます。この間に基本の二次感染予防を怠ると、再び感染者が増えることになりますので、油断をしないようにしましょう。

 

 

1番大切なのは手洗いうがいなどを継続して、適切に行うことです。特に疲れているときはそうした習慣も怠りがちですし、ましてやそのたときには感染しやすい体になっていますから、油断しないことが大切です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/01/17-355993.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

2016年以降のノロウイルス流行状況は?食品汚染や飛沫感染に注意を

近年(2016年第3週(1/18~1/24)時点)の国立感染症研究所が発表し...

2015年、新型ノロウイルス流行!?今までのノロウイルスと何が違うの?

毎年冬になると、ノロウイルスの流行が報道されます。今年もそうなのですが、20...


梅雨時も気をつけよう!ノロウイルスによる食中毒 特に気をつけたい原因食品はこれだ!

冬場に多く発生するノロウイルスによる食中毒ですが、梅雨時期も気をつけなければ...

子供は嘔吐、大人は下痢が多い!ノロウイルスの様々な症状

  小さい子供や高齢者がノロウイルスにかかり、死亡するという事例を耳にしたこと...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る