カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. O-157 >
  5. 人から人への感染も!非常に強い感染力をもつO-157の特徴とは

気になる病気・症状

人から人への感染も!非常に強い感染力をもつO-157の特徴とは

 

「出血性大腸菌O-157」と、よく聞いたことがある名前としては、O-157だけではなく「出血性大腸菌」という名称もくっついて聞いたことがあると思います。正しくは「腸管出血性大腸菌」ですが、この腸管出血性大腸菌O-157とは何なのでしょうか。

 

 

腸管出血性大腸菌とは

大腸菌とは人をはじめ、家畜、その他動物の腸内にいる常在菌です。ひと口に大腸菌と言ってもその種類は様々で、ほとんどの大腸菌は無害です。しかし、いくつかの大腸菌は人に下痢などを起こすものがあり、これは原病大腸菌と呼ばれています。この原病大腸菌の中には、腸管出血性大腸菌のように、毒素を作り出し、腸炎や溶血性尿毒素症症候群を起こすものがあります。

 

腸管出血性大腸菌O-157

上記のように、腸炎などを引き起こす腸管出血性大腸菌の中にも種類があり、この中の一つがO-157です。このO-157はしばしば家畜の糞便中から見つかります。これが飲食物を汚染することによって人の口に入り、感染を起こします。ちなみにO-157が家畜の体内にあっても、家畜は症状を出さないことが多いため、見ただけでは保菌しているかどうか分かりません。

 

-157の特徴

-157は腸管出血性大腸菌の代表的な細菌です。腸管出血性大腸菌はベロ毒素というものを作り出し、腸炎などの様々な症状を引き起こします。-157の感染力は非常に強く、一般的な食中毒の原因菌が10万個から100万個以上の菌を摂取しないと食中毒が発症しないのに対して、-157の場合は100個から1000個ほどの摂取で発症すると言われています。また食中毒であるにもかかわらず人から人へ感染する可能性があることも感染力が強いと言われるゆえんです。

 

 

腸管出血性大腸菌は他にもO-26やO-111、O-128のように様々種類がありますが、その中でもO-157が腸管出血性大腸菌の起こす食中毒の内の6割から8割を占めます。感染後の死亡例もありますので、適切な対応が必須な食中毒です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/08/28-368300.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

O-157に関する記事

食中毒に下痢止めは禁物!?食中毒症状が現れたときの正しい対処法

  食中毒症状を発症した際、早めに医療機関で適切な診察を受けることが大切と言わ...

油断は禁物!食品以外の感染経路 O-157を虫が運ぶ!?

  O-157をはじめ、食中毒の原因としては、その名の通り、食べ物から菌を...


O157の原因菌はハエが運んでくる場合がある!?~食中毒の予防法~

   O157を発症すると酷い下痢や嘔吐を起こし、体力がない高齢者や赤ちゃんの場...

大腸菌O157への抗菌作用がある?!ペパーミントでつくる除菌スプレーとは?

1990年代に朝日新聞で、昭和薬科大とロッテ中央研究所の研究論文を元にした、「...

カラダノートひろば

O-157の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る