カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. 土の中で数ヶ月生きることが可能!?恐るべきO-157の特徴を探る

気になる病気・症状

土の中で数ヶ月生きることが可能!?恐るべきO-157の特徴を探る

 

-157は比較的最近に発見された食中毒の原因菌です。集団食中毒の原因菌となることがしばしばあり、小さい子供や高齢者などの免疫機能が不十分な人が感染すると死亡するというケースもあります。

 

 

-157という細菌

-157は家畜の糞便中から見つかることがあります。非常に強い細菌で、以下のような特徴があります。

 

・土の中、水中で数週間~数か月生きることができる

つまり、家畜の糞便中に存在し、それを肥料として使用した場合、それによってできた作物にO-157が付着している可能性もあるということです。

 

・低温に強い

そのため冷蔵庫内でも生き残ることができます。

 

・酸性に強い

体内に入り込んだO-157はその大部分が胃酸に負けることなく生き残ります。pH3.5程度でも生き残るとされています。

 

・栄養分+水分で増殖

栄養分があり水分がある場所で活発に増殖します。特に水の中では相当に長期間生存可能とされています。

 

・熱に弱い

最低で75度の温度で1分間加熱することで死滅してしまいます。

 

-157のベロ毒素

-157食中毒の怖さはO-157自体というよりも、-157が作り出すベロ毒素にあります。というのもO-157が出すベロ毒素は細胞のたんぱく質合成を止めてしまい、細胞を殺してしまう働きをするのです。特に腎臓や、肺、脳に障害を起こします。ベロ毒素には1型と2型があり、2型は1型よりも強い毒素を持っています。そしてO-157には1型の毒素の実を作り出す種類と、1型と2型の両方の毒素を作り出す種類があります。

 

流行時期

細菌正の食中毒は比較的夏に発生しやすいとされています。これはこの時期の気温が食中毒の増殖に適しているからですが、上記のようにO-157は低温でも増殖が可能ですし、感染力が非常に強い細菌です。そのため他の細菌性の食中毒に比べて気温が低い時期でも発生しています。

 

 

熱に弱いと言う点をつけばO-157は予防可能です。とはいっても、食品の中には火を通さずに食べるものはたくさんありますから、日ごろから免疫機能を低下させないことも重要かもしれません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/03-351077.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

2016年以降のノロウイルス流行状況は?食品汚染や飛沫感染に注意を

近年(2016年第3週(1/18~1/24)時点)の国立感染症研究所が発表し...

冬場に猛威をふるう!ノロウイルス

  ノロウイルスという言葉は非常によく知られるようになりました。ノロウイルスは...


ノロウイルスの予防には次亜塩素酸

  激しい腹痛や下痢、嘔吐で苦しむノロウイルスによる胃腸炎。 近年、感染...

2015年、新型ノロウイルス流行!?今までのノロウイルスと何が違うの?

毎年冬になると、ノロウイルスの流行が報道されます。今年もそうなのですが、20...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る