カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. O-157 >
  5. これを押さえれば簡単!食中毒の原因O-157を徹底予防するポイント

気になる病気・症状

これを押さえれば簡単!食中毒の原因O-157を徹底予防するポイント

 

 

-157の特性を知っていれば予防はそう難しいことではありません。しかし、人によって症状の出方が違うため、家庭内で誰か1人が感染しても症状があまり出なければ食中毒とは気づかずに、他の人に感染が拡大してしまうということもあります。こういったケースもありますので、やはり予防が大切です。

 

 

食品からの感染予防

-157は人から人への感染力も非常に強いですが、最初は食べ物からの感染です。そのため、食材を選ぶときや、調理をするときに予防できるポイントがあります。

 

・肉、魚、野菜といった生鮮食品は新鮮なものを選ぶ

・食べ物を保存する際は、O-157を増やさないように注意する

・冷蔵や冷凍に必要な先生食品は、できるだけ常温の環境におかない

・肉汁や魚の汁は他のものにつかないようにする

・冷蔵庫に食品をつめすぎない(冷え方が弱くなるため)

・冷蔵庫は10度以下、冷凍庫はマイナス5度以下に保つ

・食品は早めに使い切る

・肉、魚、卵などを取り扱うときは取扱いの前後に手を洗う

・調理器具は洗剤と流水できれいに洗う

・生肉が触れたものは熱湯で消毒する

・ふきんは消毒液や熱湯で消毒する

・肉、魚、卵は十分に中まで加熱する

・冷凍食品を解凍するときは冷蔵庫か電子レンジで行う

 

細かく上げていけばたくさんありますが、予防としてはどれも重要です。また、調理後の食品も調理をしてからすぐに食べないと、20分間室温に放置しただけでO-157の数は約2倍に増えますし、例え冷蔵庫の中に入れていてもゆっくり増えていきますので油断はできません。

 

 

いつもの事であればあるほど、まあこれくらいならいいやとなってしまいがちです。確かにこれらを確実に実行しなかったからと言って、必ずO-157に感染するわけではありません。しかし、そうした油断のスキをついて、食中毒がやってくるというのもまた事実です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/03/13-359173.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

O-157に関する記事

大腸菌O157への抗菌作用がある?!ペパーミントでつくる除菌スプレーとは?

1990年代に朝日新聞で、昭和薬科大とロッテ中央研究所の研究論文を元にした、「...

O157を正しく理解して、正しく予防しよう!O157に感染したら…感染経路は食肉類、人から人

たびたび死者が出るO157による食中毒ですが、正しい知識をもって、正しく対処...


食中毒に下痢止めは禁物!?食中毒症状が現れたときの正しい対処法

  食中毒症状を発症した際、早めに医療機関で適切な診察を受けることが大切と言わ...

O157の原因菌はハエが運んでくる場合がある!?~食中毒の予防法~

   O157を発症すると酷い下痢や嘔吐を起こし、体力がない高齢者や赤ちゃんの場...

カラダノートひろば

O-157の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る