カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 常在菌によるもの >
  5. 劇症化することがあるE型肝炎!流行のジビエには要注意!

気になる病気・症状

劇症化することがあるE型肝炎!流行のジビエには要注意!

 

E型肝炎は、海外で水に注意するだけでなく、国内でも感染の可能性があります。

症状は急性肝炎がほとんどですが、まれに劇症化することがあるため、注意が必要です。

 

最近の流行地域

E型肝炎は、A型肝炎と同じように、公衆衛生状態に左右される感染症です。

便などに汚染された水を介して、感染が広がるため、下水道の完備や排水設備の充実で、感染率を低下させることができます。

したがって、多発しているのは、アフリカやアジアの発展途上国が多く、井戸の確保や給水・貯水の塩素処理などが必要とされています。

近年は、アフリカのサハラ砂漠以南のアフリカ、紛争地域のスーダンなどでの深刻な流行が報告されています。

 

感染から発症まで

E型肝炎ウイルスに感染すると、15日から7週間と、長い潜伏期間があります。

そのため、原因の特定が難しい場合が多いのです。

こどもが感染しても症状が出ない無症候感染が多く、大人でも自然治癒することも知られています。

 

発症すると、黄疸・食欲不振・肝腫大・腹痛・腹部の張り・嘔吐・発熱 などの急性肝炎の特徴的な症状が出ます。

褐色尿と強い黄疸が2週間ほど続き、約1ヶ月くらいで治ります。

この間、便中にウイルスが出るので、衛生的に処理することが大切です。

 

妊婦での劇症化

E型肝炎は、妊婦がかかると劇症化しやすい特徴があります。

致死率も20%と言われており、妊婦はくれぐれも生食などを避け、感染のリスクを避ける必要があります。

母子感染(妊婦から赤ちゃんへの感染)はないと言われています。

また、高齢者での劇症肝炎の報告もあります。

 

無症候が多いと言われているE型肝炎ですが、予防ワクチンもなく、治療は対症療法と安静にして肝臓の治癒を待つのが主になります。国内でも、生レバーからの感染などが報告されています。

 

生レバーが規制されるようになりましたが、野生動物では、まだ生食が好まれることも多いようです。海外での生水の注意も必要ですが、国内でもジビエなどの生食を避け、十分に注意しましょう。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/08/20-340061.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

常在菌によるものに関する記事

予防ワクチンがない?致死率はA型肝炎の10倍もあるE型肝炎とは

  肝炎ウイルスによる肝炎は、ウイルスの種類によって感染経路や症状などが違...

家畜からうつる皮膚真菌症

  牧場などに行ったときに、牛などに触った後、ごくまれに皮膚病が起こること...


流行中の人食いバクテリアの正体は?正しく知っておきたい人食いバクテリアのQ&A

2015年から2016年にかけて、「人食いバクテリア」が増えているのを知っていま...

免疫機能が低下している人にしか感染しない?!播種性クリプトコッカス症の症状と診断の仕方

   播種性クリプトコッカス症とは、クリプトコッカス症の病型の1つです。クリプ...

カラダノートひろば

常在菌によるものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る