カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. エボラ出血熱 >
  5. 日本ではあまり知られていない「ラッサ熱」は4大出血熱の一つ

気になる病気・症状

日本ではあまり知られていない「ラッサ熱」は4大出血熱の一つ

 

ラッサ熱は、急性ウイルス感染症で、致死率が高い感染症です。

国内には、1987年にシエラレオネから帰国した人の発症例があります。

 

4大ウイルス性出血熱の一つ

西アフリカ一帯でみられるラッサ熱は、マールブルグ病、エボラ出血熱、クリミア・今後出血熱と合わせて4大ウイルス性出血熱に数えられます。

 

1969年に最初の患者が発生した「ラッサ」村に由来して、この名が付けられました。

ウイルスに感染すると、皮膚や内臓に出血し、高熱を出します。

ラッサ熱は、重症のインフルエンザのような症状に始まり、さらに重症化すると、下血・吐血などの出血から、死に至ります。

 

感染動物との接触で感染

感染は患者の血液や体液、排泄物による接触感染で、飛沫感染の例もありますが、手に触れたくらいでは感染しません。

傷などがあるとそこから感染するので、手袋やゴーグルなどで感染を防止します。

 

ラッサ熱は人獣共通感染症で、人に感染すると激しい症状を呈します。

西アフリカに生息するマストミスというげっ歯類(ネズミの仲間)がウイルスをもっており、マストミスそのものは発症しませんが、感染しているマストミスは、一生ウイルスを排出し続けます。

人への感染は、マストミスに咬まれる、あるいは傷がある手などでマストミスと接触するなどが、感染の機会となっています。

 

政情不安地域のため感染がなくならない

原因菌がわからない間、現地では院内感染が多発していましたが、現在では医療器具を清潔にし、患者の体液や排泄物を適切に処理することで、院内感染を防止できるようになりました。しかし、感染地域の政情不安などから、基本的な医療材料(手袋、注射針、ゴーグル)などが不足して使い回しにせざるを得ないため、感染が拡大することがたびたび起こっています。これはエボラ出血熱なども状況は同じです。

 

現在のところ、輸入感染症として1例が国内で発生していますが、これ以外のラッサ熱の発生は起きていません。しかし、政情不安が続くアフリカ地域と行き来があるビジネスマンも多数いる現在、けして国内で二次感染が起きないとは言えません。

 

こうした感染症への知識をきちんと持つことで、海外で感染症にかからないように、また国内での二次感染を防ぎましょう。

 

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2009/12/30-032337.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

エボラ出血熱に関する記事

知っていますか?エボラ出血熱での日本の感染例…エボラ出血熱から考えられる後遺症

  致死率が非常に高い感染症であるエボラ出血熱の流行は、そのほとんどが自然宿主の...

マールブルグ病:エボラ出血熱に似た感染症

  エボラ出血熱はその恐ろしさで有名になりましたが、それより前に同じような...

カラダノートひろば

エボラ出血熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る