カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. アロマ・ハーブ >
  5. 出産に向けての準備!ハーブで体調を整えて安産を♪

妊娠・出産

出産に向けての準備!ハーブで体調を整えて安産を♪

お産にはとても体力を使います。特に初めて出産を経験するという人は、個人差はありますが、経産婦に比べ時間がかかる傾向にあるようです。

妊娠生活中は体の様々な変化により、不調をきたしているという人も少なくないでしょう。体調をしっかり整えてお産に挑めるよう、ハーブを試してみるのはいかがでしょうか。

 

妊娠中におけるハーブの楽しみかた

ハーブは、アロマテラピーで用いられる精油よりも心身への作用が緩やかです。種類によっては小さな子供にも使えるものがあります。

しかし、一日に大量に摂取したり同じハーブティーを長期間にわたって飲み続けるのはNGです。

 

通常は、ドライハーブといって生ではないものをお湯に浸して飲用することが多いのではないでしょうか。ティーポットで淹れるものやティーバッグで販売されているものなどがあります。

 

香りも、人によって好き嫌いがあると思いますので、はじめは少量お試しで入手してみるといいでしょう。

ショップの店員さんに声をかけていろいろ質問してみると詳しく教えてくれる人も多いので、相談してみるのもいいと思います。 

 

便秘の解消

妊娠中に便秘に悩まされている妊婦さんは少なくありません。特に妊娠後期は子宮が大きくなるため腸が圧迫され、便秘が悪化することもあります。

ダンディライオンというハーブには下剤効果があります。緩やかに作用するため、薬の服用に敏感になる妊娠中でも、安心して飲用できます。 

 

胃の不快感の解消

妊娠後期には大きくなった子宮により胃が圧迫され、胸やけが起こることが多いです。消化不良に効果のあるジンジャーや清涼感があり消化を促進する作用があるペパーミントなどがよいでしょう。 

 

疲労回復

大きなお腹をかかえ日常生活を送るのは体力を使うもの。特に夏場などは通常よりも暑く感じられ、疲労感も増します。ハイビスカスやローズヒップは、ビタミンCが豊富で、疲労回復の他に風邪の予防や美肌効果もあります。

 

不調を改善するには、食生活や運動・睡眠など、生活を見直し整えることから始めるのが基本ではあります。色々なハーブの香りを選んで試してみることも、妊婦生活の楽しみ方の一つになると思います。

カフェインが入った飲料を控える代わりにハーブティーを飲み始め、今ではすっかりはまって常飲しているという人もいます。

 

上記のような不調がある場合は、用法に注意しつつ、お試しで飲んでみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: [足成])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アロマ・ハーブに関する記事

つわりに効くハーブと注意点

普段からリフレッシュにハーブやアロマを取り入れている人は多いですね。 つわ...

いざ陣痛がきたら~気持ちを鎮静し集中力を高めるアロマ

  いざ陣痛がきたら~気持ちを鎮静し集中力を高めるアロマ  最近では、陣...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

アロマ・ハーブの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る