カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. アロマ・ハーブ >
  5. いざ陣痛がきたら~気持ちを鎮静し集中力を高めるアロマ

妊娠・出産

いざ陣痛がきたら~気持ちを鎮静し集中力を高めるアロマ

 

いざ陣痛がきたら~気持ちを鎮静し集中力を高めるアロマ

 最近では、陣痛室や分娩室にアロマテラピーのグッズを持ち込んでもよい病院が増えています。いざ出産となると、初産婦の人は未知の出来事に戸惑いや不安や恐怖を覚えるかもしれません。経産婦の人でも、忘れかけていたあの強烈な痛みに心が折れることもあるかもしれません。

 

陣痛時の乱れた心を落ち着けお産に集中するためにも、アロマを活用してみてはいかがでしょうか。 

 

ハッカ

とても爽やかな香りがします。気持ちを明るくしたり、不安などのストレスを緩和する効果があります。想像以上の痛みにパニックになった時などに使用するといいでしょう。もちろん、そんな時は本人には余裕がないと思いますので、付き添ってくれる人に、あらかじめ使用方法など伝えておくといいでしょう。 

 

ライム

柑橘系で、少し苦味のあるフルーティーでスッキリした香りがします。気持ちを落ち着かせ、気分をリフレッシュする効果があります。陣痛が長引く時、お産が進まない時に使用するといいでしょう。付き添ってくれる人も長期戦になることもありますので、気持ちをリフレッシュさせるのに一緒に使えておすすめです。

 

 

いずれも使用方法は芳香浴や、たっぷりの水で希釈したものをタオルに浸して体に当てるなどの方法が良いようです。使用する量も1滴程度が良いようです。妊娠時の体はとても敏感ですので、使用方法には気をつけましょう。

 

精油を購入したお店の店員さんに確認したり、書籍などで使用法を調べてみることをおすすめします。出産前に母親教室などで学んだ、呼吸法や陣痛時の痛みを逃す方法を実践できるよう、これらの精油に力を借りながら意識をしっかり保って出産に挑みたいですね。 

 

(Photo by: //www.ashinari.com)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アロマ・ハーブに関する記事

妊娠中のアロマテラピーの楽しみ方

妊娠中は服用できない薬が多いことから、その効用に注目しアロマテラピーに興味を...

いざ陣痛がきたら~呼吸を楽にするアロマ

お産の際の呼吸法は、陣痛時の痛みをやわらげるための有効な方法です。緊張で体に...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

アロマ・ハーブの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る