カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 治療 >
  5. お産のトラブル~子宮内の感染と治療

妊娠・出産

お産のトラブル~子宮内の感染と治療

注射

お産のトラブル~子宮内の感染

出産時や産後に最近に感染することがあり、産褥感染症といいます。発熱がある場合などは症状をよく観察し、おかしいなと思ったら早めに受診しましょう。


○産褥感染症とは
分娩時に傷ついた会陰部や膣などから細菌に感染することでおこる子宮内感染のことです。出産から24時間以降10日以内に38℃以上の発熱がある場合、産褥熱と言います。昔は妊婦の命に関わる最も重要な原因だったようですが、現在は医療の発達により滅多に見られないようです。

 

○原因
出産時は産道や会陰などが傷ついたりすることで感染経路が多くなります。原因ははっきりと分からないことも多いですが、産後の様々な処置の際の器具や手指から感染することや、もともと体内にあった菌が原因である場合などがあります。また、尿路からの感染もみられます。そのため腎盂炎も発症することもあります。また、感染性の乳腺炎も産褥感染症の一種です(感染症ではない乳腺炎もあります)。

 

○治療
感染源を除去し、抗生物質を投与します。どの抗生物質が効くのかはわかるまで投与してから数日かかることもあるようです。母乳への影響のないものを使用したり、状況によっては母乳を与えることを中止し、治療に専念することもあります。

尿路から感染した場合は水分をたくさん摂取するようにし、排尿をうながし菌を洗い流します。乳腺炎の場合も抗生物質や消炎鎮痛剤の投与を行いますが、効果のみられない場合は切開して治療します。

 


このような感染症は滅多におこらないとはいえ、かかると重症化することもありとても危険です。自分でできる予防としては、悪露の処理や排泄後の消毒などがありますので、指導通りしっかりと行っていきましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/12-351395.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

可能性はゼロではない~緊急帝王切開

    可能性はゼロではない~緊急帝王切開 妊娠中特に問題がない場合は自然分娩...

つわりの症状とその対策法 食事で悪阻対策をしよう!

つわり(悪阻)は妊娠初期に発生する嘔吐や吐き気のことをいいます。こうした症状...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る