カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 貧血 >
  5. 旬の野菜で貧血予防!~冬の野菜~

妊娠・出産

旬の野菜で貧血予防!~冬の野菜~

ブロッコリー

 

旬の野菜で貧血予防!~冬~


野菜は旬の時期のほうが通常の時期に比べ栄養価が高めであるようです。また、出回る量も多いので価格も安めになりがちです。冬に旬をむかえる野菜で、貧血予防の効果があるものを紹介します。

 

○ブロッコリー(10月~3月頃)
葉酸や鉄分を多く含み、風邪の予防や抵抗力UPに効くビタミンCや、抗酸化作用のあるβカロテンも含まれています。芯の部分のほうがビタミンを多く含んでいるようなので、皮を厚めにむいて調理するといいでしょう。また、抗がん作用があるスルフォラファンという物質も含まれています。ゆでる時はビタミンCの損失を防ぐために短時間でゆでるようにします。また、ゆでた後水にさらすこともビタミンを損ないますので、しないようにしましょう。

 

○小松菜(冬期
葉酸や鉄分を多く含み、風邪の予防や抵抗力UPに効くビタミンCや、抗酸化作用のあるβカロテンも含まれています。カルシウムも多く含まれており、赤ちゃんが産まれてからは離乳食に積極的に取り入れたい、栄養価の高い野菜です。小松菜を使ったレシピをご紹介します。

 

■小松菜と油揚げの煮びたし
<材料>
小松菜 1束
油揚げ 1枚
塩 適量
A(だし汁250g、薄口しょうゆ大さじ1.5、酒小さじ2、みりん小さじ1)

 

<作り方>
1.大きめの鍋にたっぷりのお湯をわかし、塩を少々加えて小松菜を茎のほうから入れ、ゆでる。油揚げは熱湯を回しかけ、油抜きをした後短冊切りにする。
2.しんなりしてきたらザルにあげ水気をきる。
3.冷めたら水気を絞り、3センチ程の長さに切りそろえる。
4.鍋にだし汁を入れ、沸騰したら油揚げをくわえ一煮立ちさせる。
5.Aの調味料をくわえさらに一煮立ちさせる。
6.小松菜を入れ、サッと煮た後火を止める。

 

あまりゆですぎるとビタミンを損失してしまうので、短時間で手早くゆでましょう

 


野菜はその効能も様々ですので、旬の食材を中心に、いろんな種類の野菜を食べるようにしていきたいですね。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/04/03-346332.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

主婦必見!旬野菜で貧血予防 夏野菜の効果とレシピを紹介

夏野菜で貧血予防! 野菜は旬の時期のほうが通常の時期に比べ栄養価が高めであ...

つわりの時期に多い症状~めまい、立ちくらみ~鉄欠乏性貧血

つわりはほとんどの妊婦さんに起こる、妊娠を実感する最初の症状です。そのつわり...

貧血の体験談

12w5d 貧血対策

4ヶ月に入りました〜!! だいぶ人間らしい形になり、目もわかるようになりました♪ 4週に1回の検...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る