カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 貧血 >
  5. 妊娠中は誰でも貧血になる?知っておきたい!妊娠中の貧血の原因と対処方法

妊娠・出産

妊娠中は誰でも貧血になる?知っておきたい!妊娠中の貧血の原因と対処方法

妊娠中はどんどんと体が変化していきます。そのうちの一つに血液の変化があります。妊娠中は貧血になりがちと聞くこともあるかもしれませんが、どう言った理由があるのでしょうか。

 

妊娠中は血液量が増加する

妊娠中の血液の量は出産まで少しずつ増えていきます。その循環量は妊娠していない時の1.2~1.5倍になるそうです。

 

血液中の水分となる血漿が増加するため、血液が薄まった状態になり、見かけ上の貧血という状態になります。しかしこれは血液がサラサラであり、胎盤を通して赤ちゃんにたくさんの栄養を供給できるというメリットがあります。人間の体とはよくできていますね。 

 

妊娠中の貧血

上記のように、血液が薄まることによる貧血状態になることは妊婦さんにとって逃れらない状態です。それとは別に、赤ちゃんに酸素を供給することによりママの体に鉄分が不足した状態になり、血液中のヘモグロビンやヘマクリットの値が低下してしまった場合は治療が必要となります。

 

貧血と判断される基準としては、ヘモグロビン値が11g/dl以下、ヘマクリット値が33%以下である場合です。 

 

妊娠中の貧血が及ぼす影響

赤血球が不足すると赤ちゃんへの酸素や栄養の供給がうまくいかなくなります。また、酷くなると出血を固める力が弱まり、出産時に大出血を起こす可能性もあります。 

 

妊娠中の貧血の治療方法

鉄分の多い、または吸収しやすい食事をとる食事療法が行われます。それでも改善されない場合は病院で鉄剤が処方されることがあり、大抵の場合は改善がみられるようです。 

 

貧血と脳貧血との違い

立ちくらみやめまいを起こす脳貧血とは異なります。脳貧血とは、妊娠中のホルモンの変化により低血圧になることや、大きな子宮に血管が圧迫されることで血液が頭に行きにくくなり、起こるものです。

 

赤ちゃんにたくさんの酸素や栄養をあげるためにも、鉄分をたくさんとる食事を心がけましょう。

 

 (Photo by: 写真AC)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

つい不足しがちな鉄分をしっかり補給!貧血予防レシピ☆クラムチャウダー&卵とトマトのスープ

妊娠中の妊婦さんが注意したいのは貧血。妊娠中は気を付けていても知らないうちに...

妊婦の貧血解消のサポートに!簡単☆ミネラルたっぷりの海苔の味噌汁!

海苔には鉄分が豊富に含まれているということをご存じでしょうか? 海苔1枚に...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る