カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 常在菌によるもの >
  5. 感染から10年後に発熱?肝機能障害?エキノコックス感染症とは

気になる病気・症状

感染から10年後に発熱?肝機能障害?エキノコックス感染症とは

 

キタキツネから感染すると言われるエキノコックス症。

この病気は、海外では頻発しており、キツネ以外の動物からもうつる病気として認識されています。

 

北海道など緯度の高い地域に生息する「包虫」

エキノコックス症は、包虫と呼ばれる寄生虫の卵が口から入って感染する病気です。

感染動物の糞などに大量に含まれており、これが乾燥して散らばり、その中の卵で感染が広がります。体内で卵が孵り、肝臓などで成長・増殖して大きな塊になっていきます。

 

感染して10年くらい経ってから、発熱や肝機能障害といった明らかな症状が出てきます。

この寄生虫の内容物が出てアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

そのため、エキノコックス症を診た経験のある医師に診断・治療をしてもらうのが安心です。

 

世界中にいるエキノコックス

エキノコックスはシベリアや南米、アジア、アフリカ、中東、地中海地域に多くみられます。

アメリカでは、ミシシッピ川下流域、アラスカ、カナダ北西部などにみられます。

こうした汚染の高い地域では、家畜やシカ、犬、オオカミ、コヨーテなどの糞を介して感染の危険があります。

年間10万人に1人の発症と少ないようですが、感染がわかるまでに時間がかかる病気のため、海外渡航の際には注意が必要です。

 

治療は病巣切除

エキノコックス症の切除は、病巣を外科的に切除するのが主ですが、虫を傷つけるとアナフィラキシーショックを起こすこと、またとりきれない場合にはまた体内で転移して増えることなど、完全除去が難しい場合もあります。

手術で十分に対処できない場合には、化学療法が行われます。

現在、欧米で開発されたアルベンダゾールという薬が、日本でも使用できるようになっています。

 

北海道では現在、キタキツネからのエキノコックス駆除が行われていますが、まだ完全ではありません。また、キタキツネ以外からの感染の疑いもあります。

エキノコックス症は、自覚症状が出てからの処置は完治が難しいとされています。

まずは感染予防が大切です。

動物に触れたら石けんで手をあらう習慣をつけ、感染を防止しましょう。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2007/12/27-003968.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

常在菌によるものに関する記事

常在菌マラセチアによる澱風(しろなまず)と脂漏性湿疹

肌にしろいしみのようなものができていたら、それは澱風(しろなまず)と呼ばれる症...

何が怖い?どんな風に進行する?どこにでもいると言う「人食いバクテリア」に感染したら…

「1日で手足が壊死する病気」を知っていますか? 「人食いバクテリア」という言葉...


死に至る可能性も!?セラチア菌の感染症とは

  常在菌感染症のひとつにセラチア菌の感染症というものがあります。時には死亡す...

柔道などの接触が激しいスポーツで感染症?「格闘技真菌症」とは

  海外からいろいろな病気が入ってきていますが、思わぬルートからの発症が増...

カラダノートひろば

常在菌によるものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る