カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 卵巣・卵管 >
  5. 良性・境界悪性・悪性の3つから見る卵巣嚢腫

女性のカラダの悩み

良性・境界悪性・悪性の3つから見る卵巣嚢腫

 

卵巣嚢腫は婦人科系臓器にできる腫瘍としては、子宮筋腫と並んで最も発生頻度の高い腫瘍です。卵巣嚢腫自体は様々な種類に分かれるのですが、大きく良性、悪性、境界悪性の3つに分けることもできます

 

 

良性卵巣腫瘍

卵巣腫瘍とは卵巣の中に何らかの液体がたまって、卵巣が腫れている状態になる疾患です。中にたまる液体の種類などによって割合は若干変わりますが、全体としてはほとんどが良性です。しかし、実際卵巣はお腹の中にあるものですから、腫瘍の一部を切りとって良性か悪性かを判断するということは容易にはできません。正確に判断するためには手術で摘出し、病理検査によって腫瘍を構成する細胞を見てみないと、良性か悪性かという確定は出来ません。

 

悪性卵巣腫瘍

出来た腫瘍が悪性であった場合は卵巣がんと名前が変わります。悪性の場合、初期の段階で見つかれば完治する確率も上がってきています。しかし一方で、ある程度進行してしまった段階で発見されると、そこからの治療の成果や、再発率などはあまり改善されていません。また、卵巣がんはお腹に水がたまる腹水と言った症状や、腹膜にがんが転移する腹膜播種と言った転移が起こることがあり、これによって治療が困難になるという側面があります。

 

境界悪性卵巣腫瘍

これは良性の腫瘍と悪性の腫瘍(つまり卵巣がん)の中間の性質を持っている腫瘍のことです。この場合通常は摘出手術をしてしまえば命を落とすことはありません。悪性に比べて手術後の状態は良いのですが、ごくまれに転移や再発をすることがあります。悪性の場合はリンパ節転移をするのに対して、境界悪性の場合はリンパ節転移はまれにしか起こりません。しかし、摘出手術後でも経過観察は必要になります。

 

 

生活様式の欧米化なども手伝って、日本でも卵巣がんが増加傾向にあるそうです。病気の発生原因も多岐にわたりますので、定期的な検査が重要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019839.php?category=265])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵巣・卵管に関する記事

良性でも卵巣切除の可能性がある!?女性なら知っておきたい、卵巣のう腫

  卵巣は言わずとも、これから子どもを産む女性にとって、非常に大切な器官です。そ...

若い女性でも発症する卵巣がん!見つける方法とは?

  卵巣がんは日本で年間8000人程が発症するガンと言われています。早期発...


良性の腫瘍でも手術になる!?卵巣の分泌液が溜まって腫瘍に!どの女性にも起こりうる卵巣のう腫

子宮がん検診などを受けたことがある方は、内診の際に「卵巣」について言われたこと...

閉経後のホルモン補充療法によって「卵巣がん発症」の可能性が…その真偽とは?

閉経するとホルモンのバランスが崩れるため、更年期障害の症状が見られるようになり...

カラダノートひろば

卵巣・卵管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る