カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 緊張性頭痛 >
  4. 症状 >
  5. 頭以外の症状 >
  6. 目からくる頭痛?緊張型頭痛と眼精疲労の関係

頭痛

目からくる頭痛?緊張型頭痛と眼精疲労の関係

眼精疲労からくる頭痛

筋収縮性頭痛と聞くと、頭痛のほかに酷い肩こりのあるイメージが強いと思います。原因としては、スポーツや不慮のアクシデントなどによる頭部や頚部の外傷の後だったり、老視や乱視などの眼球屈折異常があげられます。

 

現代社会には欠かせない長時間のパソコン作業は、作業中に前傾姿勢になるために首や肩に無意識に負担がかかり、細かい作業によって目の調節機能もかなり酷使されるため、眼精疲労は避けられません。

 

パソコン作業だけでなく、加齢で老眼が出てくると必然的に眼に負担がかかりますので、本や新聞を読んだりテレビを見たりする普段の生活だけで眼が疲れます。

 

眼は物を見るだけで、カメラのピント合わせのような作業を自動で行おうとします。そのために無意識に眼の周りの筋肉を使うので、遠視や老眼の方は目を開けているだけで自然に疲労が蓄積されます。

 

逆に近視(近眼)の方は、眼球の構造上、どんなに眼輪筋を酷使しても自然でピントが合わせることが難しいので、自然に筋肉を酷使することは少ないとされています。

 

遠視や老眼の方にこの筋収縮性頭痛が多いのは、この眼精疲労が原因の一つだとも言われています。

 

眼精疲労の緩和の為に

どちらにしても、この眼精疲労を軽減させるには、見えにくい状態を長期に放置するのではなく、

・自分の眼に合った眼鏡を使用

・パソコン作業など眼を酷使する作業中は1時間に五分程度眼を休ませる

・または肩のストレッチを行う時間を作るなどしてみましょう。

 

眼精疲労を伴う筋収縮性頭痛の場合は、長時間物を見ていられないなどかなり辛いケースもありますので、その場合はビタミン剤や筋肉を解す薬を用いる場合もあります。

 

どちらにしても現代社会のストレスは、筋収縮性頭痛を引き起こし易い状況にあるといえるでしょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭以外の症状に関する記事

緊張型頭痛と心的ストレスの関係って?

        筋収縮性頭痛の場合、頭痛を引き起こす因子に心理社会的ストレス、不...

緊張型頭痛で見られる筋肉の痛み、どうすればいい?

        緊張型頭痛は、頭痛を訴える一次性頭痛の中で、最も頻度の高い頭...


ストレスが主な原因?緊張型頭痛の症状…ちょっとしたケアの習慣化が改善・予防になる!

  緊張型頭痛は、肩こりや目の疲れ、精神的なストレスなどが原因で引き起こさ...

カラダノートひろば

頭以外の症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る